画像認識の案件一覧

過去に募集したエンジニア、データサイエンティスト、マーケターの案件を中心に掲載しています。
非公開案件を多数保有していますので、ご希望のイメージに近い案件をクリックして無料サポートにお申込みください。
専門コンサルタントがヒアリングを通じて最適な案件をご提案いたします。
単価や稼働日数などの条件面についてもお気軽にご相談ください。

該当件数:73

画像認識の案件を探す

案件内容

画像認識AIモデルの生成およびアルゴリズム開発

・AI学習用データセットの収集および、モデル開発
・AIモデルの精度向上および自動化システムの仮説と検証
・その他開発アイテムの整理・開発と検証の計画
・統計データの解析業務

【概要】
不妊治療を行っている医療機関向けに精子選別AIシステムの開発を行っており、
画像における機械学習エンジニアを募集しております。

【フェーズ】
システムの精度上げ

【ロール】
データ分析→実装までを一貫して行って頂きます。
※軽量化の対応も想定

必須スキル
・Pythonを使用した開発経験
・Linux環境での開発
・Tensorflow or PytorchのいずれかのフレームワークによるAI生成の実務経験
案件内容

コンピュータビジョンを用いて、ドローンの自動制御や障害物回避技術の開発をご担当いただきます。
技術的な領域が中心となりますが、場合によってはマネジメント領域をご担当いただく場合がございます。

◆主な開発環境・ツール
・C、C++、C#、Python
・Windows
・Linux Ubuntu
・ROS
・ArduPilot
・OpenCV
・GitHub
・Slack

必須スキル
・画像認識領域でのAI開発経験3年以上
・C言語及びC++を用いた組み込み開発のご経験3年以上
・障害物検知 / 回避などの制御経験
案件内容

<概要>
非GNSS環境下でのドローン運用で必要になる、飛行情報・履歴管理、撮影動画の処理・管理、ドローン本体や外部アプリケーション連携等行うための独自のアプリケーションの開発・運用を担っていただきます。

<使用言語>
・javascript
・typescript
・java
・python
・shell script

必須スキル
※ご応募時、各項目へコメントを頂けますと幸いです。
・実務経験3年以上
・AWS
・Docker(ECS)
・CI/CD(github actions, ECR)
・Linux
・github(git-flow)
案件内容

<概要>
コンピュータビジョンを用いたドローンの自動制御や障害物回避技術の開発に関する業務です。
画像認識やDeep Learningなどを駆使し、安全安心な自動航行を実現させます。
潜在顧客は、日本だけでなく、シンガポール、ドバイ、ルクセンブルク、フランスなど全世界です。
またエンジニアはルワンダ、パキスタン、インド、アメリカなど、世界各国から来ています。
英語を使ったエンジニアリング経験を積みたい方、将来的に外資系企業のエンジニアになりたい方には最高の環境です。
<業務内容>
コンピュータビジョンを用いたドローンの自動制御や障害物回避技術の開発

<使用言語>
・Python、C、C++、C#
・Linux Ubuntu
・Windows
・OpenCV、PyTorch、Tensorflow
・GitHub

必須スキル
※ご応募時、各項目へコメントを頂けますと幸いです。
・ビジネスレベルの英語力(外国籍エンジニアが大半の環境です)
・カメラ、IMU、距離センサなどを用いた物体認識およびSLAM、障害物検知/回避などの制御経験(5年以上)
・画像認識技術の基礎やOpenCVなどのライブラリの使用経験(5年以上)
・マイコンやボードPCを用いた物体のリアルタイム制御経験(飛行物体であれば尚良し)
・物体制御に関する基本的な知識(PID制御、フィードバック制御、応答性評価など)
案件内容

■背景
・クライアント内の提案活動に於いてDWH案件が増えており、リソースが必要となった
■クライアント支援範囲
・データ基盤構築、機械学習システム構築/精度向上、時系列データ予測/異常検知、自然言語(テキスト)解析、画像認識
■エンドクライアント
・建築・製造・医療など
■想定業務
※クライアントの案件状況やスキルによってポジション・案件は検討
・データ基盤を構築するプロジェクト。蓄積したデータをBIやAIで活用するためのプラットフォームの設計・構築が主業務
要求開発フェーズからご参画いただくことを想定。
・顧客案件におけるデータ基盤構築支援(要件定義・設計・構築・テスト・マニュアル作成など)
・要件定義 /基本設計/詳細設計
・ETLジョブ開発
・DWH構築
・ドキュメンテーション(設計書・仕様書)

必須スキル

・DWHサービス知見
・基本設計~製造・テスト経験
・データフロー/マート設計
・ドキュメンテーション力

※全て満たしていない場合でも相談可
※DWHサービス活用は必須

案件内容

<概要>
非GPS環境下のドローン制御技術の開発に関する業務です。
ドローンは未経験でもロボット制御や組込制御の経験があれば問題ありません。
潜在顧客は、日本だけでなく、シンガポール、ドバイ、ルクセンブルク、フランスなど全世界です。
またエンジニアはルワンダ、パキスタン、インド、アメリカなど、世界各国から来ています。
英語を使ったエンジニアリング経験を積みたい方、将来的に外資系企業のエンジニアになりたい方には最高の環境です。

<業務内容>
C/C++/python及び画像処理を用いたドローンの制御ミドルウェア/ソフトウェアの開発

<使用言語>
・C、C++、C#、Python
・Windows
・Linux Ubuntu
・ROS
・ArduPilot
・OpenCV
・GitHub

必須スキル
※面談に進まれた際は、英語版のスキルシートが必要となります。
・ビジネスレベルの英語力(外国籍エンジニアが大半の環境です)
・組み込みなどのリアルタイム物体制御に関する基本的な知識(PID制御、フィードバック制御、応答性評価など)および実務経験(5年以上)
案件内容

■背景
・募集部署はデータ基盤&AI・BI&運用を一気通貫で担っており、
 現在プリセールス中である。(DWH)
・ただ受注となった場合、プロパーを含めてリソース不足が目下課題となっている。
■クライアント支援範囲(該当部署)
・データ基盤構築、機械学習システム構築/精度向上、時系列データ予測/異常検知、自然言語(テキスト)解析、画像認識
■エンドクライアント
・建築・製造・医療など様々
■想定業務
・データ基盤を構築するプロジェクトを想定。
 蓄積したデータをBIやAIで活用するためのプラットフォームの設計・構築が主業務となる。
 要求開発フェーズからご参画いただくことを想定。
※下記スキルによって相談
・顧客案件におけるデータ基盤構築支援(要件定義・設計・構築・テスト・マニュアル作成など)
・要件定義 /基本設計/詳細設計
・ETLジョブ開発
・DWH構築
・ドキュメント作成

必須スキル
・DWHサービス知見
・splunk知見(当該PJでエンドが利用しているため)
・基本設計~製造・テスト経験(設計書)
・データフロー/マート設計

 

※全て満たしていない場合でも相談可
※DWHサービス活用は必須
案件内容

大手製造業クライアントでの
ハードの基盤に画像認識のAIのプログラムを載せるプロジェクトにて開発業務をお願いします。

【開発体制】
新規事業プロジェクト
10数名の開発チーム
ハードエンジニア(3名)、ソフトエンジニア(7名)、AI系のエンジニア(1名)の方がいらっしゃいます。
上流工程ではありませんが、全部の知見を持った方がおらず今回の募集に至った経緯です。

必須スキル
Python
C, C++

 

下記より最低1つ以上のご経験
・ハードウェア組み込み開発のご経験
・画像処理関連開発のご経験
・ネットワークシステム開発のご経験
・機械学習関連開発のご経験
案件内容

エンドクライアント向けAIソリューションを提供しているベンダーでの業務となります。
AIコンサルティング事業において、主に画像認識系におけるAI開発や、既存のモデルの精度向上をお願いします。
参画時期により対応案件が異なる為、詳細は商談時にとなりますが、
元請プロパーのPMとコミュニケーションを取りながら、AIアルゴリズムの開発、精度向上に努めていただきます。
現状、エンドクライアントとの折衝などコミュニケーションはあまり想定していません。
(技術的な観点から要望のエンドクライアントへのヒアリングの同席などは対応する可能性があります。)
また、元請企業の若手に技術的な教育も一部期待されており、そういったことが苦にならない方にお願いできればと存じます。
(ただし、教育係というようなかっちり感じではなくOJTのような感じで業務をしながら若手に教えるイメージ。)
[利用ツール・環境]
Python、Linux、オンプレ+AWS

必須スキル
– 画像処理・画像認識アルゴリズムの開発経験がある
– Linuxでの開発経験がある
– 週1日程度の出社が可能である
– 円滑なコミュニケーションが可能で常識のある方
案件内容

■クライアント支援範囲
・データ基盤構築、機械学習システム構築/精度向上、時系列データ予測/異常検知、自然言語(テキスト)解析、画像認識
■概要
<1月~3月にて、データ基盤構築(Power BIとTableau込み)の上流工程(基本設計)を予定>
本プロジェクトは、現行のAWS(プロトタイプ環境)からAzureへの移行および拡張となります。
・Azure Synapse Analyticsへ外部データやユーザーが保有するデータを投入し、Power BIとTableauで分析。
TableauはTableau ServerからTableau Cloudへの移行を伴い、外部データの取り込みには、Synapse Analytics のパイプラインや、Azure FunctionsやAzure Logic Appsを利用。
■想定業務
※Azure Synapse Analyticsを中心とした関連技術の担当者
・ドキュメント作成(基本設計書/移行計画書)
・Azure Synapse Analyticsのデータアーキテクチャ(データパイプライン・データマート)に関する基本設計

   

▼関連ソリューション
・Azure Synapse Analytics
・Azure Functions
・Azure Logic Apps
・Tableau Cloud(またはTableau Server)
・Power BI Service
■体制
体制:
AIチームは全部で15名程度
6名~7名→AIエンジニア  6~7名→BI・データ基盤
1クライアントに対して4~5名で体制を組んでいる
■環境
クライアント内ではデータ基盤設計~BI・内製化/運用支援まで行っている
データ基盤:Azure
(クライアント内で基盤設計・構築)
BI:PowerBI
(クライアント内でレポート作成・運用)

必須スキル
・Azure Synapse Analyticsのデータアーキテクチャ(データパイプライン・データマート)に関する基本設計の経験
・Microsoft 認定試験(DP-203: Microsoft Azure でのデータ エンジニアリング)

検索結果73件中1-10件