フリーランス

PM(プロジェクトマネージャー)の副業は週末や土日にできる?報酬単価から案件獲得まで

本業の仕事でプロジェクトマネジメントの経験がある人、あるいは今後PM(プロジェクトマネージャー)を目指す方で、週末や平日の空き時間を使って副業をしたいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、PMが副業で働く場合の単価相場や在宅ワーク・フルリモートの案件例などをわかりやすく紹介します。初心者が仕事を獲得する方法もみていきましょう。

PM(プロジェクトマネージャー)の副業について

ここではPMに求められる役割や社会においての需要、そしてどのような副業案件があるのかについて解説します。

PMの役割

システム開発のプロジェクトにおいて、PMには二つの重要な役割があります。一つはプロジェクト全体の計画を策定することです。クライアントへのヒアリングを通してそのシステムの目的を明らかにする「要求分析」や、それに基づいてどのような機能を盛り込むのかを決める「要件定義」といった一番初めの部分を担当するのがPMです。これを基にしてSEがシステムの基本設計を決めていきます。

もう一つは作業統括です。スケジュール管理や品質管理などのマネジメント業務はもちろん、予算や人材の確保、ステークホルダーとの折衝などもこなし、プロジェクトを円滑に遂行するよう努めます。一般には成果品を納入して保守運用担当者に引き継ぐまでがPMの責任範囲です。

マネジメント人材への需要は高い

昨今ではデジタル変革が急務なことに伴いIT人材は慢性的に不足していますが、中でも深刻なのがPMの人材不足です。プロジェクトを監督する立場として、企画や設計などの実務経験はもとより、言語やシステム構成など実装に関わる工程まで幅広い知見が必要なため、対象が限られます。

そして経験に裏打ちされたマネジメント能力も求められるため、一朝一夕に育つ人材ではありません。各企業ともPMの確保に苦労しており、経験者であればまさに引く手あまたという状態です。

そのように即戦力となるPM経験者をすぐに社員として確保するのが難しい中、フリーランスのPMに対する企業からの需要が高まってきており、本業の合間に副業で対応可能な範囲の作業ニーズも出てきているのです。

在宅・リモート案件も増えている

IT業界のプロジェクトといえば、開発チームのメンバーとのコミュニケーションが欠かせないため、客先に常駐するというイメージが強いかもしれません。しかしながら、コロナ禍で働き方についても見直しがなされるなか、様々なコミュニケーション手段が考案され、テレワークでの業務対応が可能な現場も珍しいものとは言えなくなってきています。

求人情報などで確認しても在宅ワークやフルリモートでの仕事が可能なPM案件は以前に比べ増えています。そのように勤務形態が柔軟になったため、オンタイムは本業の会社にPMとして勤務しながら、副業で別の仕事をするなどパラレルワークも十分可能になってきているのです。

PM(プロジェクトマネージャー)副業の単価相場

フリーランスで働くPMの報酬単価は稼働日数やプロジェクトの規模・内容、経験年数などによって異なります。参考までにシステム開発のPMポジションで週1日の稼働であれば、目安となる月の単価相場は12万円~26万円程度になります。

週5日稼働した際の報酬金額を内容別にみるとECサイト構築で月80万円、基幹システムの構築で月120万円といった例もあり、また希少な経験を持っているPMなら月150万円以上を狙うことも可能です。

このように業務委託の仕事では一般的な会社員の給料以上に稼ぐことが可能ですが、副業で案件を探すなら、まずは月10万円を目標とするとよいでしょう。より高単価の案件を獲得するためには、常に最新トレンドに寄り添う努力が必要です。

PM(プロジェクトマネージャー)の副業に必要なスキル

副業で業務委託のPMとして活躍するためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは重要な4つのスキルを見ていきます。

管理

事前にすり合わせたプロジェクトの目的を達成すること、そのために必要なチームを組成し、メンバーのパフォーマンスを高い状態に保つことがPMの使命です。期日通りに成果品を納めるには、作業の進捗、予算、外注先などの管理が重要な仕事となるため、プロジェクトマネジメントのスキルはPMに必須の能力といえるでしょう。

作業が遅れればその分予算も膨れ上がるので、進捗管理はそれ自体予算管理とも密接な関係にあるといえます。品質管理では、全体に目を配りつつ細かな箇所のチェックも怠らないなどトータルな意味での管理能力が問われます。

リーダーシップ

チームでの作業を円滑に進めるために、PMにはリーダーシップも欠かせません。特に大規模なプロジェクトとなると、幅広い分野から大勢のスタッフが参加するため、PMOを配置するなどして組織の体制は複雑になっていきます。人柄やスキルも様々なメンバーの中で、意見の食い違いや認識齟齬による衝突が起きることもあるでしょう。そうした問題が起きればPMが間に入って解決することも起こりえます。

PMにはプロジェクトに参加する皆が協力して目標に向かって進めるよう自ら率先して障害をとりのぞく姿勢が求められます。また、その時々で適切な判断を下すことで業務を推進することも役割に含まれているのです。

問題解決・分析

プロジェクトは常にスムーズに進むとは限りません。何か問題やトラブルが起きて進行が停滞することもあり得ます。そんなときにはすぐさまその原因を究明し、解決に向けた対策をおこなうことが必要です。また、事前調査や業務分析のフェーズにおいて、あらかじめ起こりうるリスクやその影響を想定し、できるだけ問題が起きないよう備えておくことも重要です。

問題が生じる前も後も、それを引き起こす要因を知ることで影響を最小限に食い止めることができます。そのため、PMには分析能力や問題解決能力が欠かせません。

コミュニケーション

経営陣やクライアントとのやり取りに始まり、実際にプロジェクトが走り出せばチームメンバーとのやり取りは必須になるなど、人とのコミュニケーションはPMの重要なタスクの一つであるといっても過言ではありません。チームをまとめ上げメンバーのモチベーションを維持するためには信頼関係の構築が必要ですし、会議の場においてはファシリテーターとして進行役を務めることもあります。

積極的に自分の考えを話すのはもちろん人の意見を引き出すのも重要な役目です。そのようにコミュニケーション能力なくしてPMの仕事は成り立たないといっても良いでしょう。

PM(プロジェクトマネージャー)が副業するメリット

プロジェクトマネジメントをおこなう人材は、企業からの旺盛な需要に対して供給が追い付いていないため、報酬の単価が高く、たとえ副業だとしても十分に仕事をこなしてお金を稼ぐことができます。稼働時間が少なく、フルリモートで対応可能な案件を選んで受注すれば、土日祝祭日や平日夜間などの空いた時間を利用して効率よく立ち回ることも可能です。

スキルや経験が上がるほどさらに高単価を狙えるようになるので、やりがいも感じられるでしょう。また、普段の仕事では出会わないような人にも出会えるため、人脈を広げることにもつながります。

PM(プロジェクトマネージャー)が副業するデメリット

週末や平日の業務後などの空き時間で副業ができるのは、メリットである反面デメリットであるという見方もできます。余暇の時間を副業でのクライアントワークにあててしまうと、それだけ自由な時間が減ってしまうからです。また、個人事業主として活動する以上、案件獲得のための営業活動や請求業務などの作業も発生します。これに関してはあらかじめ覚悟しておく必要があるでしょう。

当然のことですが本業に支障が出ないよう配慮する必要もあります。また、副業収入が一定額以上になると確定申告をしなくてはならないので、慣れないうちは負担に感じるかもしれません。

PM(プロジェクトマネージャー)の副業をはじめる方法

ここからは、PMとして副業を開始するための具体的な方法を解説します。

プロジェクトマネジメントの経験を積む

企業から業務委託でプロジェクトマネジメントに関する副業案件を受注するためには、PMの立場で企業に勤務してプロジェクトを担当した実績を求められることがほとんどです。マネジメントの実務経験がないシステムエンジニアやプログラマーの場合、まずは転職や部署異動などでPMやPLの立場で実績をつめるよう活動しましょう。

PMとしての市場価値が高く評価されると報酬の単価も上がる傾向にありますが、需要と供給に基づき決定される側面があるため、プロジェクト経験として単に数を多くこなすというだけでなく内容も重要です。

例えば英語ができれば外資系企業の案件を受けることができますし、スクラムなどのアジャイル開発はエンド企業からの需要が高いため経験者は重宝されます。副業先を探すのに困らないためにも将来的に需要の高い分野を狙うのがおすすめです。

エージェントなどで案件を探す

PMとして経験を積んだあとは、クライアント探しをおこない、自分を売り込み、契約を取り付けます。案件の探し方でおすすめなのは、エージェントや副業マッチングなどの情報サービスを利用することです。似たような仕事内容でもエージェントによって単価が異なることがあるので、ぜひ高単価の案件を多く扱っている事業者を見つけましょう。

例えば「プロの副業」や「シューマツワーカー」というサイトには副業の求人が多くあります。報酬が高ければそれだけ求められるスキル・経験も高くなりますが、それをこなすことで将来的に独立の道も見えてくるかもしれません。

副業の仕事を受注する

条件のよい副業の仕事を見つけたり、クライアントから直接オファーを受けたりしたなら、契約を取り交わして実際に副業の仕事を受注してみましょう。クラウドソーシングであればネット上のやりとりのみで完結でき、在宅ワークで作業できますし、自分の経験やスキルに合った案件を受注したいなら、会社の同僚や知り合いに相談して紹介を受けるのも良いでしょう。

副業向けのSNSやマッチングサイトのなかにはプロフィールを登録しておくと条件にマッチした副業をメールで知らせてくれる機能を持つところもあります。初めは無理をせず少しずつ仕事を受けて、本業とのバランスを見ながら業務量を調整していくのがおすすめです。

副業先やクライアントを選ぶポイント

PMの副業案件は数多くありますが、その内容や条件は様々で選択に迷うこともあるかもしれません。そこでPMが副業で仕事を選ぶ際に気を付けたい3つのポイントを紹介します。

リモート勤務か

PMの副業案件には常駐のものも多くありますが、本業の勤務がある人にとってはあまり現実的ではありません。本業とのバランスを取りながら副業を行うには、テレワークや在宅勤務が最適です。密なコミュニケーションが必須のPMにとってフルリモートでの仕事は難しいのでは、と考える人もいるかもしれませんが、ツールをうまく使いこなせば決して不可能ではありません。常駐より難易度が高いため、かえって経験として高い評価を得られるというメリットもあります。

スキルアップできそうか

より高単価の案件を目指すだけでなく、将来のキャリアパスを描くうえでも仕事を通じてスキルアップできる案件を選ぶのが重要です。上からの指示で仕事が決まる会社とは違い、自分でやりたい仕事を選べるという副業のメリットを最大限生かしましょう。

そのためには自分はどんな分野に興味があるのか、将来どんな仕事をしていきたいのかといった視点を持つことも大切です。

報酬や契約の条件が適切か

報酬の金額や単価、支払い方法などの契約条件も副業選びの大事なポイントです。副業はフリーランス同様個人契約となるため、会社という後ろ盾がありません。そのため、契約内容や報酬の支払いにおいてトラブルが生じることもないとはいえないのが実情です。

従って、特に初めのうちは信頼できるプラットフォームを経由して案件を受注したり、エージェントに間に入ってもらい交渉する方が安心でしょう。副業経験を積み重ねるうちに、仕事の量や内容に対してどの程度の報酬が適正なのかがわかってきます。

副業・フリーランスで稼ぐなら「フリサポ」エントリー受付中


フリサポ

関連記事Related Posts