フリーランス

PMOは副業できる?土日で稼げる?単価相場と報酬金額から仕事の受注まで

PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)は、コンサルティングなどの業界においてプロジェクトを遂行する際に人員やスケジュールを横断的に管理する役割を持ち、統括的なプロジェクト管理やサポートのために欠かせない職種と言えます。

そんなPMOですが実は副業として取り組むこともできることは知っていましたか?土日のみの週末起業やフリーランスとして独立を検討中の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、フルリモートや在宅ワークなどPMOの副業事情、報酬金額や単価の目安、メリット・デメリット、案件の探し方などをわかりやすく解説していきます。

PMOの副業について

まずはPMOの副業の魅力について単価や案件の傾向から見ていきましょう。

PMOは高単価で稼ぎやすい

PMOを副業にする大きな利点として高単価で稼ぎやすいことが挙げられます。報酬の単価が高いと短時間の稼働でもまとまった収入を得ることができ副業に向いています。これは多くの企業が外部からPMOを行う事のできる人材を登用し、業務委託でスポット的に活用したいと考えているためです。

依頼の内容は、プロジェクトマネジメント業務に関するサポートのほか、標準化のためのドキュメント作成、人材育成など多岐にわたります。

リモートワークやスポット案件が増加している

IT業界を中心に現在では在宅ワークやテレワーク可のプロジェクトが増加きており、自宅から作業することのできる副業の案件や作業者に対して時給で依頼するスポットワークが可能な仕事がクラウドソーシングなどで流通しています。自分のライフスタイルや生活に応じた柔軟な働き方がしやすいこともPMOとしてパラレルワークに取り組む動機の一つと言えます。

これまで培ってきたプロジェクト経験やノウハウを活用することで、コンサルタントや講師といった形で次のキャリアをスタートすることもできるのです。

PMOの副業は稼げる?報酬目安と単価相場

次にPMOが副業で得られる報酬金額の目安とフリーランスとして働くPMOの業務委託での単価相場について具体的に見ていきましょう。

副業PMOの報酬目安

PMOとして副業を行う際の報酬は時給換算で4000円程度となっています。フリーランスエンジニアやコンサルタントと同様に、稼働した時間に対して請求するタイプの案件が多いでしょう。仮に土日をメインで月に30時間稼働した際の報酬の目安は9~12万円となる計算です。

フリーランスPMOの単価相場

フリーランス向け案件情報サイトなどから報酬を確認すると、フリーランスPMOの一般的な単価相場は他のIT職種と比べても金額が高いことが分かります。例えばフリーランス向け案件情報サイトの一つであるフリーランススタートによるとPMOの平均単価は84.4万円となっています。

PMOとして副業を始めるには

PMOが副業するためには、まず企業に就職してPMOとしての経験を積み「実績をつくる」こと、「必要なスキルを身につける」こと、「案件を獲得する」ことの3つが重要になります。副業を始める際のポイントについて、それぞれ順番に説明しますので見ていきましょう。

PMOの経験を積む

まずコンサルティングファームやプロジェクト支援会社などの企業に就職してPMOとして実務経験を積むことが求められます。またグローバル企業など外国語の堪能なメンバーをまとめ上げた実績があれば、英語力が必要な案件を副業で依頼されることも多くなるでしょう。また、事業会社でのPMO経験はプロジェクトマネジメントの能力以外に社内調整ができることのアピールにもなり、似た経歴や立ち位置での案件を獲得しやすくなります。

スキルを身につける

副業で報酬を得るにはフリーランスのPMOとして会社や上司の後ろ盾なくプロジェクトを回せるスキルを身に着けておくことが求められます。PMOに求められる技能としてはプロジェクトマネジメント、ドキュメント作成、コミュニケーションが挙げられます。

プロジェクトマネジメント

PMOとしてプロジェクトを滞りなく遂行し顧客の求めるサポートを安定して供給するためにも、プロジェクトの品質や進行を管理する能力が必要であると言えます。プロジェクトマネジメントに関するスキルを高める具体的な方法としては、業務での実践の他、関連する書籍を読む、セミナーに参加する等の方法があります。またPMP(ProjectManagementProfessional)などPMOとしての能力を証明することのできる資格を取ることも一つの方法です。

ドキュメント作成

関係者やステークホルダーに対して、プロジェクトの内容や指示を分かりやすく伝えるために、PMOにはドキュメント作成能力が必要であると言えます。合意内容を議事録として残し、プロジェクトの体制図やマニュアルなども書類にして所定の場所に保管します。現場では、ExcelやWord、PowerPointなど、資料を作成する際に用いる各種ソフトの扱いに慣れておくことも重要です。

コミュニケーション

プロジェクトに関わる様々な利害関係者の橋渡しをすることが求められるため、PMOには高いコミュニケーション能力も必要であると言えます。普段のミーティングの進行役や現場でのコミュニケーションを円滑にする役割も求められるために、ほとんどの場面において意思疎通や交渉のスキルが問われると言えます。

案件を獲得する

最後に、副業で報酬を得るには案件を獲得することが求められます。当然ながらPMOとしての経験やスキルが幾らあったとしても仕事を見つけて受注できなければ事業者としてお金を稼ぐことはできないのです。

PMOの副業案件の探し方・営業のコツ

ここでは副業として受注できるPMO案件を探す方法について紹介していきます。将来的にフリーランスのPMOとして独立を考えている場合にも、個人で仕事を探して営業する手順を知っておくことは役に立つでしょう。副業案件を探す具体的な方法として主にエージェントや副業サイトで探す、クラウドソーシングを利用する、顧客から直接受注するという方法があります。それぞれ順番に説明していきます。

エージェントや副業サイトで探す

まずフリーランス向けのエージェントや副業マッチングをおこなうサイトに登録して案件情報の紹介を受けるという方法が考えられます。フリーランスエージェントは専門的なスキルを持つ人材を求めている企業に営業して、業務委託での発注を希望する案件を取り揃え、フリーランスに合った案件を斡旋するサービスの事です。

また副業マッチングに特化したサイトのように副業社員向けに在宅ワークや低稼働率の求人を紹介するサービスを利用するのも一つの方法といえるでしょう。どちらも様々な事業者がサービスを提供しているので、自分のスタイルにあったサイトを選ぶと良いでしょう。

クラウドソーシングを利用する

次にランサーズやクラウドワークス、ココナラといったクラウドソーシングと呼ばれるアウトソーシングのためのプラットフォームを利用して副業向けのPMO案件を探す方法が考えられます。クラウドソーシングとはインターネットを介して業務を委託したい発注者と依頼を受注したい受注者を繋ぐサービスのことです。

クラウドソーシングにはライティングに特化しているものやコンペに対応していたり、スキルの販売ができるものなど、様々なサービスがあるのでこちらも複数登録しておいて、自分の経歴や状況に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

顧客から直接受注する

最後に紹介するのは顧客に営業して直接契約を結ぶという方法です。実績のある人であれば顧客から直接指名で仕事の依頼が来ることもありますが。ほとんどの場合は、知人から紹介してもらうケースや同僚から仕事をまわしてもらうなど、繋がりを利用して受注することが多いでしょう。そのため業界に人脈がある人でないと難しい方法であると言えます。

新規開拓の具体的な方法としてはSNSやブログを通して自分の実績をアピールしたり、サイトを運営するなどして顧客から案件をもらう事が考えられます。副業の仕事を獲得する方法としては難しいと言えますが、案件を紹介しているサービスを利用することに比べ独立したフリーランスとして活動しやすいというメリットがあります。

PMOが副業するメリット

次にPMOが副業するメリットについて説明します。副業のメリットとしては主に収入が増えること、経験を積むことができること、独立の準備をすることができることの3つが挙げられます。それぞれについて説明するので、以下で確認してみましょう。

収入アップが狙える

PMOが副業するメリットとしてまず考えられるのは収入アップが期待できることです。会社員として働く本業において、給料やボーナスの金額をあげて年収を増やすことは自身でのコントロールが難しいものですが、副業をすることで得られる収入は自分の頑張り次第です。本業での給与に副業の報酬をプラスすれば、全体で所得の増加を図ることができます。

本業以外に収入源を持つことで精神的な余裕が生まれますし、副業での取り組みがスキルアップや実績につながり、好待遇での転職に貢献することもあるでしょう。

貴重な経験を積める

普段の仕事で出来ない経験を積める点も副業のメリットです。本業で経験の少ない業界のプロジェクトに参画することによって普段の業務で触れることの無い知識を取り込む機会が出てくるなど、本業の会社にいるだけでは触れられない貴重な業務を体験することができるのも副業の大きなメリットであると言えます。

また個人事業主として納税したり、エージェントなどのサービスを通して顧客と商談したりするなどビジネスマンとしてのスキルも磨くことができると言えます。

独立の準備

副業をすることによって顧客との人間関係を築くことができるとともに、契約や請求、確定申告といった事務作業をこなし、個人事業主としてのスキルを身につけることができると言えます。独立したフリーランスとして案件を獲得する場合にはPMOとしての高い能力に加え案件を獲得するための人脈や実績が必要です。

そのため、PMOの副業を始めることで単純に収入を増やすだけでなく将来を見越した独立の準備をすることができると言えます。

PMO副業の注意点

最後にPMOが副業するにあたって気を付けるべき点について説明します。副業を許可する会社も増えてきていますが、就業規則などで社員の副業を禁止する会社もあるため注意しましょう。

本業とのバランスに気をつける

まず副業に熱を入れすぎて本業がおろそかにならないためにも、副業は業務後の平日夜間や土日や祝日といった余暇の時間を使って行い。本業とのバランスをとる必要があります。収入の増加を見込めることは副業の大きなメリットですが、業務委託で案件を受注すると仕事をこなすための時間の確保は避けて通れません。

副業に時間を割きすぎ睡眠不足などを引き起こし、本業に影響が出てしまえば体調や収入などの面で生活に悪影響を出すことに繋がりかねません。

確定申告が必要な場合も

また副業について確定申告が必要であるか確認する必要があります。具体的には副業で得た収入をふくめた雑所得の合計金額が20万を超える場合には収入に応じた税を納めるために確定申告をすることが必要となります。

仮に副業の収入が基準となる金額を超えているのにもかかわらず、確定申告を行わなかった場合には脱税と見なされることもあるので、毎月の収入と経費を確認しながら、帳簿を整理しておきましょう。

副業・フリーランスで稼ぐなら「フリサポ」エントリー受付中


フリサポ

関連記事Related Posts