フリーランス

受託案件の探し方・IT/Web開発案件の取り方

IT・Web業界で働くなかで「受託案件」や「受託開発」といった単語を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。在宅ワークやフルリモートが浸透するなか、業務委託で仕事を請け負う「副業社員」や「フリーランス」が活躍する企業も増えてきました。

この記事では、そんな受託案件の探し方や開発案件の種類などをわかりやすく紹介します。個人事業主として仕事を獲得する方法もみていきましょう。

受託開発・受託案件とは?

開発案件には大きく分けて「自社開発」と「受託開発」の2種類があります。自社開発は、文字通りシステムやソフトウェアを利用したい会社が社内でエンジニアを雇用して、関連する業務を内製化する方法です。これには外部に発注する開発コストを抑制できること、また自社内に専門家を配置するためシステムが完成した後の修正・運用などの対応が容易であることといったメリットがあります。ただ社内のエンジニアに十分な技術力がなかったり、そもそも人員が不足していたりする場合には、外部の会社に頼らざるを得ません。

そのような企業から依頼を受けて開発を代行するのが受託開発です。請負開発とも呼ばれ、発注元のニーズや状況をヒアリングしたうえで、仕様や機能を固め、求められているシステムを作成します。大規模な開発案件は、システム会社やWeb制作会社など法人企業へと発注することが多いですが、小規模な案件ではフリーランスとして活動する個人に発注する依頼者も増えています。

あらかじめ契約で取り決めた通りの期日やスペックに合致するように納品することが求められるため、依頼者にも受注者にもある程度の信用が求められます。

IT・Web受託案件の種類

ではITやWeb系の受託案件には具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

業務システム

財務会計や人事など、特定の業務を行う目的で開発されるのが業務システムです。C言語やC++、Javaといった汎用性の高い言語が使われることが多いですが、比較的小規模のシステムではPHPやPerl、JavaScriptといったスクリプト言語が用いられることもあります。両方に精通しておくと仕事の幅が広がるでしょう。

業務システムの案件では会社の規模や対応する開発の範囲によっても内容は様々です。小規模のものや簡単なシステムであればフリーランスでも受託可能ですが、大規模なシステムや難易度の高いもの、高度なセキュリティを要求される場合などは個人で受けるのは難しいかもしれません。

Webサービス

Webサービスの開発は、大きく分けてフロントエンドとサーバーサイド(バックエンド)の2種類になります。画面上で見える部分にあたるフロントエンドの開発では、HTMLやCSS、JavaScriptといったプログラミング言語を使用し、見えない部分で実行されるサーバーサイドのシステム開発ではPHPやRubyといった言語が用いられます。

Webサービスの開発案件は小規模サイトの作成から大規模なメディアやアプリの作成まで多岐にわたるのが特徴です。特にECサイトの場合は決済機能や会員登録機能が必要ですし、高度なセキュリティも求められるため幅広い知識とスキルを持っておく必要があります。

スマホアプリ

今や生活に欠かせないものとなったスマホ。そのスマホをより便利にしてくれるネイティブアプリの需要は伸びる一方であり、注目の市場といえます。使用するプログラミング言語はiOSとAndroidで異なっており、iOSならObjective-CやSwift、AndroidならJavaやKotlinといった言語が用いられます。モバイルの開発現場でよく使用されるSwiftとKotlinはぜひ身につけておきたいところです。

スマホアプリ開発の案件は多数ありますが、規模や難易度は様々です。経験の浅い人はまず簡単なものから受けてみると良いでしょう。また、スマホアプリは自分でオリジナルのものを作成してリリースできるのが大きな利点です。企業からの受注に頼らずとも、アイディア次第で大きな利益を得られるかもしれません。

ゲーム

ゲームにはスマホ用、パソコン用、そして家庭用ゲーム機用の3種類があります。また、開発はWebと同じくフロントエンドとサーバーサイドに分かれており、それぞれ異なる言語を使用するのも特徴です。フロントエンドではJavaやJavaScript、C言語やC++といった言語を使用し、サーバーサイドではRubyやPerl、PythonやPHPといった言語を用います。

このようにデバイスや言語が細かく分かれているため、自分はどれを担当することができるのかはあらかじめ見極めておく必要があります。ゲーム関連会社に勤めていた人は経歴が高く評価されるので、フリーになる前にまずそうした企業に入って現場を経験しておくのがおすすめです。

IT・Web受託案件の探し方

エンジニアやデザイナー、マーケターといったIT系の職種が独立したフリーランスとして仕事を探し、業務委託の案件を獲得するにはどういった方法があるのでしょうか。ここでは代表的な方法を3つ紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは仕事を発注したい人が案件を掲出し、それを受けたい人が応募するという形で、依頼者と受注者をマッチングする仕組みです。代表的なものに「ランサーズ」や「クラウドワークス」「ココナラ」といったサイトがあります。WebデザインやECサイト、VBAのプログラミングなど多彩な受託開発の案件が集まっているのが特徴です。ジャンルによってカテゴリー分けされているので自分に合った案件を見つけやすいですし、フルリモートや在宅ワークに対応した仕事がほとんどです。

依頼人と顔を合わせなくとも受注から精算まで行うことができ、初心者にとっても比較的気軽に利用できるシステムといえます。ただし、納品に関してのトラブルも全くないとはいえないので、クライアントは慎重に選ぶ必要があります。

フリーランスエージェント

外部のプロ人材を活用したい企業と依頼を受けたい個人の仲介をしてくれるのがフリーランスエージェントです。エージェントといえば転職サイトを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、フリーランス向け求人を専門に扱う事業者も存在します。作業量に応じた契約となるため、メンバーとして開発チームに参加して週3日以上稼働するようなプロジェクトも多いですが、週1日や2日など少ない時間で稼働できる仕事もあります。スケジュールが空いていて案件を探しているフリーランスにとっては頼れる営業マンともいえる存在です。

クラウドソーシングとエージェントの違いは、企業との間に入って価格交渉やトラブル対応などを行ってくれること、また実績を積み評価を上げれば継続的に案件を紹介してくれるなどサービスが手厚いことです。仲介料はかかりますが、それだけの価値はあるといえるでしょう。

過去の人脈や知人からの紹介

フリーランスエンジニアはシステム開発会社やWeb系の事業会社などで何年か働き、経験を積んだ後に独立するというパターンを踏んでいることが多いでしょう。ならば前職で得た人脈があるはずです。以前の所属会社に勤務する同僚や取引先の担当者など仕事で関係した人なら自身のスキルを把握しており信頼関係もあるので、個人で受託できるような業務を依頼主として発注してくれる可能性は高いでしょう。もちろん友人知人などできる限り多くのつてをたどることも大切です。

ただし、知り合い関係からの仕事だけでは十分な稼ぎになると言い切れません。従って、エージェントなど他の方法と併用するのがおすすめです。

個人で開発案件を獲得する方法

いざという時のためにもフリーランスとして業務委託の仕事を獲得する経路はできるだけ多く持っているに越したことはありません。副業マッチング、フリーランスエージェントなど受託案件に関する仲介サービスなどの便利な仕組みを利用するのも良いですが、ぜひ自分個人の力でも案件を探して受注できるようにしておきましょう。そのための具体的な方策について解説します。

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは、自分のスキルや実績をわかりやすくまとめたものです。今までにどんなプロジェクトで開発を手掛けてきたか、どういった技術を持っているかなど自分のアピールポイントを示すために使う営業ツールともいえます。自身のWebサイトを立ち上げてそこに掲載しておけば、クライアントにはURLを知らせるだけで見てもらえるのでとても便利です。また、検索からの流入でオファーを得ることも期待できます。PDFで作成すれば、データとしてそのまま送付することも可能です。

ツイッターやブログで発信する

ツイッターなどのSNSには拡散と連携という2つの機能があります。これを案件獲得に役立てましょう。先ほどポートフォリオをWebサイトに掲載するという方法を紹介しましたが、拡散力の高いツイッターやフェイスブックで紹介すればより多くの人に見てもらうことが期待できます。また、企業アカウントや同業者と繋がることで、より可能性を広げていくこともできるでしょう。

エンジニアやデザイナーならブログ上で有益な情報を発信して読者を集め、そこから仕事に繋げるというのも一つの方法です。ポートフォリオに問い合わせや見積もりのためのフォームをリンクしておけばさらに効果的でしょう。

中小企業などに営業する

クライアントと直接契約して仕事を獲得するには実際に会って話をする、いわゆる「営業」という方法も有効です。昔からあるやり方ですが、特に中小企業の社長さんや個人事業主に対しては信頼関係を築きやすい方法といえます。こういった人たちはITに疎いことも多いので、親身に話を聞きわかりやすい説明を心掛ける姿勢を見せれば、信頼を勝ち取ることができるでしょう。良いお付き合いになれば継続的に仕事を出してもらえる可能性もあります。交流会などには積極的に参加して出会いのチャンスをつかみましょう。

コミュニティを活用

ツイッターのみならずネット上にはいろいろな人材が集まるSNSなどのコミュニティが存在します。エンジニアやプログラマーといったIT系の人たちが集まるコミュニティもあるので、ぜひ登録しておきましょう。案件に関する情報を得ることができたり、時にはメンバー間で仕事を回しあったりといったことも可能です。

組織に所属しておらず、基本的に一人で活動するフリーランスは孤立しがちですが、こうしたコミュニティに参加すればテクノロジーや案件情報などの情報交換ができます。孤独に陥ることもありませんし、モチベーション向上にもつながるでしょう。

副業・フリーランスで稼ぐなら「フリサポ」エントリー受付中


フリサポ

関連記事Related Posts