キャリア

2022/01/06

ゲームプロデューサーとは?なるには?仕事内容・スキル・キャリアパス・将来性

責任者としてゲームの企画・プロジェクトを統括する職業が「ゲームプロデューサー」です。ゲーム業界のなかでディレクターやクリエイターからプロデューサーへのキャリアアップを志す方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ゲームプロデューサーの仕事内容やスキルセット、年収・給料などをわかりやすく解説します。需要や将来性についてもみてきましょう。

ゲームプロデューサーとは

ゲームプロデューサーは、総責任者の立場でゲーム開発に携わる職種です。制作するゲームの企画はもちろん、クリエイターやエンジニア、ディレクターなどスタッフの人員編成、プロジェクトの進行管理、予算調達、クライアントや協力会社との交渉、広告宣伝・プロモーション、運用・改善などゲーム制作に関わる諸々の業務を統括します。

現場の管理はディレクター、企画の立案はプランナー、といった形の分業体制が主流のため、すべての意思決定をプロデューサーが行うわけではありませんが、重要な事柄ではプロデューサーの承認が必須です。時には些細な内容にも具体的な指示を行うなどして、プロジェクト全体の舵取りに気を配る立ち回りが要求されるでしょう。

技術や品質などの現場目線だけでなく、商業的な利益の観点や経営の視点から判断をおこなう立場といえるため、ゲーム開発の業務経験に加え、ビジネスの知識が必要なポジションです。

ゲームディレクターとの違い

ゲームプロデューサーと似た職種にゲームディレクターがあります。両方ともゲーム開発についてマネジメントをおこなう立場という点は共通していますが、管理をおこなう対象や責任の範囲が異なります。

ゲームディレクターはプロジェクトにおける制作現場や開発スタッフをまとめるリーダーとして、ゲームの品質や開発の納期など自身が担当するパートについて責任をおいます。一方で、ゲームプロデューサーは制作のほかに、運営や収益性も含めたプロジェクト全体をつかさどるのです。

そのように、ゲームプロデューサーは、ゲームディレクターよりも、ひとつ上の階層でプロジェクトを監督する立場といえます。ゲーム業界で働くキャリアパスとしても、ディレクターやプランナーとして経験を積んでからプロデューサーへとステップアップしてく方法が一般的です。

ゲームプロデューサーの仕事内容

ここでは、ゲームプロデューサーの仕事内容として代表的な、企画、プロジェクト管理、宣伝・プロモーション、広報・マスコミ対応、調査・分析の5つを紹介します。それぞれの内容について、以下で詳しくみていきましょう。

企画

ユーザーや競合他社の動向、類似ゲームの有無など市場調査をおこなったうえで、次回作のプレゼンや新規開発などの起案をおこない、開発予算を確保します。また、プロデューサーは、単に面白いゲームのアイデアを出すだけでなく、収益化スキームの構築を求められるシーンも増えてきます。

どのプラットフォームでソフトを販売するのか、ゲーム内課金や広告収入で採算を取るのかなど、ゲームに合わせ利益を立てる方法を考察する必要があるのです。

プロジェクト管理

ゲーム開発では無尽蔵に時間や予算があるわけではなく、完成までの期日や使用できる費用の上限が決まっています。プロデューサーは、事業上の収益を確保するという視点から、現場の状況を適切に把握し、必要な対応を指示しなければなりません。

スケジュールが遅延していればスタッフを増員して調整したり、開発や広告などの費用が予算を超過しそうな兆しがあれば、コストダウンのための工程見直しやスポンサーへの交渉を担当したりと、プロジェクトが円滑に進むよう立ち回ります。

宣伝・プロモーション

どんなに良いゲームを開発しても、ターゲットとなるユーザーに認知されないことにはプレイしてもらうことはできません。そのため、担当するゲームのプロモーション戦略や宣伝の計画を立てるのもプロデューサーの仕事です。

広告代理店と連携してTVなどのマスメディアに広告を出稿したり、アプリのダウンロードが振るわなければ新規ユーザー獲得のための施策を実施したり、SNSやWebメディアを使った告知を行ったりなど、販売促進をおこないます。

広報・マスコミ対応

開発したゲームの認知向上のために、コラボ商品の販売や他社とのタイアップ、リアルイベント開催など、様々な広報・PR活動が行われることがあります。担当プロデューサーとして取材などのマスコミ対応に関わることもあるため、普段から外部に向けた発信を意識する必要があります。

例えば、事前告知やプレスリリースなどが迅速に行えるように、広報担当者と連携をとり、ゲームに関する設定資料や公式数値などをまとめておくなどです。

調査・分析

ゲームをリリースしたらそれで終わりではなく、プロデューサーはゲーム開発や運用の改善などに関する様々な調査・分析も行わねばなりません。リリース後の反響が悪ければ、原因を調査して改善点を見出し次のプロジェクトに活かします。

また、反響が良かった場合も、何が好評の要因となったのか分析することで、反響の高いゲーム開発のメソッドを推察することができます。スマホアプリなど運用が必要なゲームでは評価や分析をもとにPDCAをまわして継続的な改善をおこないます。

ゲームプロデューサーに必要なスキル

ゲームプロデューサーはプロジェクトを統括する立場のため様々なスキルセットが必要となります。ここでは、中でも重要な4つの要素を紹介します。

企画・プロデュース

ゲーム開発を統括するプロデューサーとして、売れるゲームを世に出すプロデュースのスキルが必要です。シナリオやゲームシステムなどの企画をするのはゲームプランナーの仕事ですが、プロデューサーはプランナーの出すアイデアを評価し、その良し悪しを判断しなければなりません。

コンセプトや世界観などの方向性を決めるだけでなく、ゲーム開発のGOサインに繋げるための交渉をおこないます。作品の面白さや魅力をアピールし、売り出し方をプレゼンするなどして、出資者や経営者を納得させ、ゲームの制作を実現していくのです。

マネタイズ

ゲーム開発の多くは慈善事業ではなく営利目的でおこなうビジネスです。開発費が億を超えるプロジェクトも少なくありませんし、小規模の開発でも利益を出すには投資した金額を上回る売上が必要です。そのため、ゲームプロデューサーはゲームを完成させ公開する点にコミットするだけでなく、販売やダウンロードなど収益化の責任をも果たさなければなりません。

ソフト販売のほか、ゲーム内での課金や広告収益などの選択肢を踏まえ、それらを適切に選択してマネタイズを実現できるスキルが必要です。

マネジメント

プロジェクト全体を指揮する役割を果たすゲームプロデューサーには、目標達成を実現するためにマネジメントをおこなう能力やリーダーシップが求められます。タスクを分解しゴールに至るまでの工数や作業を見積り、それぞれの工程がスケジュール通りに行われるように人員を管理しなければなりません。

ディレクターやプランナー、エンジニア、クリエイターといった現場のスタッフと密にコミュニケーションを取り、チームの方向性を統一します。複数の業務を並行して行うことも多く、正確な業務処理に加え、冷静な判断力も不可欠です。

ゲーム業界の幅広い知識

プロジェクトを滞りなく遂行するためには、ゲーム開発に関連する幅広い経験や知識が必要です。エンターテイメント市場のトレンドを知ることはもちろん、エンジニア・プログラマーなどの技術者とより深い議論をするためのグラフィック・描画技術や開発ツールに関する知識、アナリティクスなど分析実務や広告・マーケティングの知見も必要です。

それぞれの分野について専門的に学ぶ必要はありませんが、どの工程や業務においてもスムーズに話し合いができる程度に理解しておくことは大事です。

ゲームプロデューサーの年収

求人ボックスの給料ナビによると、正社員で働くゲームプロデューサーの平均年収は約547万円です。ゲームプロデューサーの給与は、経歴や経験年数、企業の規模によっても変わりますが、年収400~600万円が相場となっています。平均年収は中小企業よりも大企業の方が高い傾向にあり、年齢とともに上がっていきます。

会社によっては年収1000万円を超えることもあり、ゲーム業界の職種の中では高給と言えるでしょう。また、基本給などの固定賃金が低く設定する代わりに、ゲームの売上によって変動するインセンティブを設けている会社もあります。

ゲームプロデューサーになるには

ゲームプロデューサーになるために特別な資格は必要ありません。ただし、経験や実績がものを言う職業であるため未経験からいきなりこの仕事に就くことは難しいでしょう。最も手っ取り早い方法としては、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職することがあげられます。

新卒採用や中途採用で入社し、エンジニアやデザイナー、ゲームディレクターとして地道に経験を積んだ後、ゲームプロデューサーに昇格するのが一般的です。

ゲーム制作における実務を経験することで、プロデューサーになった時に自身の体験に基づいたスケジュール管理や業務の指導ができるようになります。

ゲームプロデューサーのキャリアパス

ゲームプロデューサーは、ゲーム開発において最上位のポジションとなります。そのため、ゲーム制作会社やゲームメーカーにおいてのキャリアパスは、ヒットゲームを開発した功績で幹部に昇格するなどの出世の道があります。

また、プロデューサーではなく現場に戻りたいと考える人も多く、プロデューサーを経てプランナーやディレクターへと鞍替えする人もいます。

それ以外のキャリアプランとしては、フリーランスのゲームプロデューサーになったり、自分でゲーム制作会社を設立したりすることがあげられます。

ゲームプロデューサーに向いている人

ゲームプロデューサーに向いているのは、ゲーム作りの情熱を持ち、人を動かす能力に長けた人です。ゲームを世に送り出すには経営陣や出資者にプレゼンテーションをおこなって開発の承認を得たり、現場のスタッフのモチベーションを高く保ち、広告代理店やメディアと宣伝戦略を練ったりと、人と関わることも多い仕事です。

円滑に業務をこなすには、コミュニケーションを重視する姿勢が必要でしょう。その他にも、チームを率いていくうえで、調整力やリーダーシップなどの資質を持ち合わせている人に適性があると考えられます。

ゲームプロデューサーの将来性

子供から大人までゲームをプレイするユーザー数は右肩上がりで増え続けており、ゲーム市場は世界中で拡大を続けています。

PlayStationや任天堂スイッチ、3DS、Wii、Xboxといった家庭用ゲーム機や据え付け型のアーケードゲームだけでなく、PCやスマートフォン、タブレット端末などで遊べるオンラインゲームが普及し、女性や高齢者などこれまでゲームに触れてこなかったライトユーザーの需要も見込まれるようになりました。

今後はVRやAR、3Dなどの発展によりより高度な体験をもたらすゲームの提供が予測されています。従来のゲームメーカーのほか、Webサービス運営やIT企業でもゲーム開発の求人需要は高まっているため、プロジェクトを統括するゲームプロデューサーは将来性のある仕事といえるでしょう。

副業・フリーランスで稼ぐなら「フリサポ」エントリー受付中


フリサポ

関連記事Related Posts