フリーランス

データアナリストの副業は稼げる?報酬単価/時給の相場・案件例・注意点

ビジネスにおけるデータ分析の需要は年々高まっており、在宅やリモートワークで対応できる業務委託の副業求人が増加しています。また、データアナリストとしての経験をいかして副業を検討中の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、データアナリストが副業・兼業で働く場合の単価相場、案件内容、必須スキルなど紹介します。案件獲得など営業の方法もみていきましょう。

データアナリストは副業できる?

データアナリストは様々な業界で統計分析や機械学習によるデータの収集、運用、分析などを行います。そのため、発注するクライアントの機密情報を扱うこともあり、副業ができるのか不安に感じている人も少なくありません。そもそも、データアナリストの仕事が副業可能なほど需要はあるのか、実際にパラレルワークする会社員はいるのか、どんな案件があるのかなども副業をする前は分からないものです。

現状、データアナリストの業務ができる知識とスキルを持った人材は求人需要に対して非常に少なく、フリーランスとして複数の案件を並行して受けている人や、会社勤務で副業として他社の案件を受けている人も多数います。以下に副業の案件例や単価相場を見ていきましょう。

データアナリスト副業の案件例

データアナリストはデータ分析や分析結果による戦略立案が主な業務です。そのため、副業の案件でもデータ分析に関する依頼が寄せられるほか、不足しがちな人材を育成するために講師を依頼されることもあります。

データアナリストの副業案件について、いくつか例をみていきましょう。

コンサル型の副業

コンサル型の副業は、データアナリストが分析そのものを直接的に行うのではなく、課題解決に向けた助言やデータ利活用に関するコンサルティングを通して間接的に企業を支援するタスクが中心です。

事業内容や経営状況を把握したうえで、どのようなデータを分析したら良いかを明らかにし、要望を実現するための組織作りや意思決定に必要なデータの収集、ツールの導入などを提案します。

マーケティングや新規事業など不確実性の高いテーマについても、仮説を立てた上で現場に寄り添い、具体的な指示を出します。複数の部署でデータや知識を共有する必要もあるため、論理的思考力や分析能力に加え、コミュニケーションスキルも必要になります。

エンジニア型の副業

エンジニア型の副業では、統計解析やシステム開発、BIツールでのダッシュボード構築などデータアナリスト自身が稼働してクライアントを支援する案件を多く含みます。例えば、インターネット上に公開されている情報をスクレイピングで収集して、機械学習やデータマイニングなどの手法を用いて解析するといった内容です。

膨大なデータの中から法則や傾向を見つけ出す作業が中心となるため、プログラミング言語や開発スキルなどのより専門的な技術を必要とします。

ゲーム業界では広告やマネタイズに関する知識、消費者向けのサービスでは顧客分析やCRM、製造業では需要予測など業界ごとの知識や経験を求められる場合もあります。

講師/教育の副業

副業案件で人気なのが、講師や教育関連の仕事です。法人向けの研修・セミナーや個人向けスクールが講師やメンターを募集しているほか、講座のカリキュラムや試験問題の作成といった仕事もあります。

資料作成の仕事は在宅ワークが可能で夜間や土日の作業に適していますし、社会人向けのプログラミングスクールは、受講生の生活時間帯にあわせ終業後に開催する教室が多いです。

そのようなスクールで、現役のデータアナリストを講師として招き、必要なスキルや実務でのノウハウを身につけるための講座を開催している場合があるのです。メンターやチューターとして生徒が挫折しないように導く役割の求人もあり、こちらは講師ほど採用要件が厳しくないでしょう。

データアナリスト副業の単価相場

データアナリストの副業における報酬の金額は、案件の内容や必要とされる知識及びスキル、経験などによって変化します。案件のジャンルによっても価格帯が異なり、コンサルティングの相場は時給4,000円~5,000円、データ分析は時給3,000~4,000円、開発は時給2,000円~3,000円程度となっています。

データアナリストの仕事は、専門的な統計スキルや高度な分析の知識を要することもあり、一般的な職業よりは高い報酬が見込めるでしょう。

フルリモート・在宅ワークの副業はある?

経営に関わる機密情報や顧客情報などの重要なデータを扱うこともあり、データアナリストの仕事では、企業のオフィスに常駐するタイプの仕事が大半です。ただし、最近では副業向けの案件として、コンサルティングや技術顧問、資料作成などフルリモート可や在宅で請け負える業務委託の仕事も増えてきています。

エージェント経由で紹介をうける副業の仕事のほかに、クラウドソーシングや紹介経由では、現場に直接出向く必要がないデータ分析案件もたくさんあります。IT企業やWeb系ベンチャーでは、リモートワークを推進している企業が増えていることもあり、在宅ワークも探しやすくなっています。

もちろん、対面での業務が必須となる案件もありますので、応募する際にリモートワークの可否を確認しましょう。

データアナリストの副業に必要なスキル

データアナリストとして副業をする場合、どのような経験や能力が必要となるのでしょうか。プロジェクトによって重視される能力は異なりますが、共通して求められる点を以下で見ていきましょう。

ITスキル

データの収集や処理を行う上で、ソフトウェア開発のスキルや一般的なIT知識は必要不可欠です。環境構築に用いるクラウドサーバーやネットワーク、データ解析に必要なPythonやRなどのプログラミング言語の他に、データベースやSQL、オープンソースソフトウェアの知識なども求められることがあります。これらの習得を条件にしている案件も多いので、できるだけ網羅しておきましょう。

統計解析

データを分析する際、統計解析の知識が必要です。学術的には確率や微積分、行列などの数学知識が求められますが、データアナリストとして作業をする場合には、この知識をビジネスに活用しなければなりません。目的に照らし合わせ最適な分析方法を設計し、適切に評価・解釈できるスキルが必要となります。論理的に思考し課題を解決したり、分析結果をドキュメントにして報告する能力も求められます。

データ処理

データアナリストは、データを抽出・加工し、分析できる形に整える必要があります。データの欠損や異常な値を削除したり、自動的にデータを最新の情報に更新したり、複数のデータソースを結合する処理をシステム化するのです。精度の高い分析結果を出すためには、一見雑多な状態になっているデータから必要なものを抜き出し、管理しなければなりません。そのため、データの収集や抽出を迅速、的確に行えるスキルが必要です。

問題解決力

データアナリストの本来の目的は、データからクライアントの要望や課題を解決できるような根拠を見出すことです。データの収集や分析はその手段であり、最終的にはその情報を基にした意思決定を引き出さなければなりません。そのため、目的や目標を達成するための問題解決能力が必要とされます。このスキルを得るためには、経験だけでなく企業経営やクライアントの業務内容などのビジネス面での知識が求められます。

データアナリストの副業で案件の探し方

データアナリストが副業案件を獲得するにはいくつかの方法があります。過去に仕事を受注しているなど人脈があれば個人的に紹介してもらうことも可能ですが、まだ経験が浅い場合、選択肢を増やしたい場合などは、以下のような方法で探してみましょう。

副業エージェントに登録する

世の中には、転職だけでなくフリーランス向けに求人案件を紹介するエージェントもあります。経験年数や実績、保有している資格やスキルなどを登録しておけば、プロフィールに合った副業先の候補を紹介してもらえるため、自分で探す手間が省けます。

エージェントには多数の企業から副業の案件が登録されているので選択の幅が広がりますし、報酬の単価について交渉や契約のサポートをしてもらえるため、個人で企業と直接やり取りをするよりトラブルが少ないのも魅力です。

クラウドソーシングを利用する

個人で気が向いたときに副業の依頼を受けたいという場合には、クラウドソーシングを利用するのがおすすめです。クラウドソーシングは仕事を依頼する企業側と受注するフリーランスがそれぞれ登録し、企業側が提示した案件で気に入ったものがあれば、フリーランスが応募するシステムです。

管理画面上のメッセージで直接やりとりするため、交渉や会話のスピードが速く、手軽に登録できることから案件も豊富で、経験年数が浅い人やリモートワークを希望する人向けの在宅案件も見つかります。

求人サイトやSNSで探す

提示された条件ではなく、待遇や業務内容について自分で営業して案件を開拓したいという場合には、求人サイトやSNSで探すのも良いでしょう。担当者と直接交渉するので待遇改善の余地がありますし、事前に詳しくやり取りができるので、詳細を知ってから副業をするかしないか決めることができます。受注したクライアントから指名があったり紹介されたりすることもあります。

ただし、エージェントやクラウドソーシングと異なり間に仲介がないため、入金の保証はありません。納期や請求など契約に関する揉め事にも注意しましょう。

データアナリストが副業で失敗しないために

会社員として働きながら副業をすること自体は問題がなくても、置かれている環境や仕事内容によってはトラブルが発生することもあります。思わぬことで失敗しないためにも、副業をする前に以下について確認しておきましょう。

会社に副業の許可を取る

長期的な依頼を受けているフリーランスや社員として会社勤めをしている人が副業をする場合には、就業規則を確認しておきましょう。企業の中には競合企業での兼業や副業を禁止しているところもあり、知らずに副業してしまうとペナルティが課されることも考えられます。禁止されていない場合でも、事前に会社に許可を取っておいた方が安心です。

契約や税金を理解する

データアナリストだけでなく、フリーランスとして副業をする場合に押さえておきたいのが契約内容や税金関係です。初めてのクライアントと契約するときは特に、募集内容と同じ契約になっているか確認しましょう。また、副業でも立場上は個人事業主となります。一定以上の収入が発生すると確定申告や消費税等の納付なども必要です。高単価な案件も多いため、税金関係はきちんと理解しておきましょう。

副業・フリーランスで稼ぐなら「フリサポ」エントリー受付中


フリサポ

関連記事Related Posts