フリーランス

2019/05/31

会社員からフリーランスになるには何が必要?押さえておくべき基礎知識と独立準備、案件獲得の方法

会社員からフリーランスになるには何が必要?押さえておくべき基礎知識と独立準備、仕事獲得の方法

会社員を辞めてフリーランスになると決めたはいいものの「独立までにどのような準備をすればいいのかがわからない」「フリーランスになるには何をすればよいの」など疑問に思うこともあるかもしれません。

会社員しか経験したことがないと、フリーランスになるために何が必要なのか、全くわからないと思います。フリーランスになる前に、会社員の頃から何か準備しておくべきものがあるでしょうか。フリーランスになった後にまず最初にやるべきことは何でしょうか。

この記事では、独立前の会社員のうちにやっておきたいこと、フリーランスになるための準備、独立後に必要な仕事の獲得方法などフリーランスになるために必ず知っておくべき基礎知識をまとめていきます。

そもそもフリーランスってどういうこと?

まずは、そもそもフリーランスとはどのような働き方なのかという定義や個人事業主との違いなど、フリーランスになる前の基本的な情報について確認していきましょう。

フリーランスの定義

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず個人で自由に契約を結んで仕事をする人や働き方を指します。フリーランスは個人で仕事を請け負う働き方です。代表的なフリーランスの仕事としてライターやカメラマン、翻訳家などがあります。また、IT技術の発展とともにプログラマーやエンジニアなどでフリーランスとして働く人も増加しています。

また、トリビア的な話として「フリーランス(free lance)」という言葉の起源について紹介します。直訳するとフリーは自由、ランスは槍を意味します。なぜ槍がつくのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。こちらは中世ヨーロッパで傭兵が活躍していた時代、敵勢力に所属していない傭兵を「(忠誠心や主従関係から)自由な槍」と呼んだことに由来するという説があります。

フリーランスと個人事業主との違い

「フリーランス」と似た言葉で「個人事業主」という言葉があります。これらふたつの言葉は似ているようで、意味合いが異なります。この違いを簡単に説明しておきます。

個人事業主とは、法人を設立せず個人で事業を営んでいる人を指します。これは税務上の所得区分で、法人の場合に売上を法人の事業所得として申告するのに対し、個人事業主の場合は個人の事業所得として申告します。

フリーランスは個人で仕事を請け負うため、個人事業主に該当する場合が多いですが、法人を設立している場合もあります。そのため、個人事業主ではなく法人名義で働くフリーランスも存在します。また、個人事業主には店舗などを営むため従業員を雇用している場合もあります。そのような法人ではなくとも組織として動く個人事業主をフリーランスとは呼びません。

つまり、フリーランスと個人事業主は厳密には違う区分のことを指す言葉です。状況に応じて使い分けましょう。

フリーランスの働き方の特徴

労働基準法の適用対象にならない

勤務先の企業と雇用契約を結んで働く正社員、派遣会社と雇用契約を結んで派遣先の企業で働く派遣社員。これらに対して、企業や団体との雇用関係はなく、独立して仕事ごとに契約を結んで働くのがフリーランスです。こういった契約形態の面以外の、フリーランスという働き方の特徴を書いていきます。

労働基準法の適用対象にならない

フリーランスは労働基準法適用の対象になりません。それはなぜでしょうか。

労働基準法とは、賃金、労働時間、解雇など労働条件に関するルールを定めた法律で、基本的には全ての「労働者」に適用されます。ここでいう「労働者」とは、職種にかかわらず事業者に使用され、賃金の支払いを受けている人のことです。先ほど書いたように、フリーランスは独立して案件ごとに契約を結ぶ働き方です。個人で事業を行っているフリーランスは、「事業者に使用され、賃金の支払いを受けている人」という「労働者」の定義に当てはまりません。

そのため、フリーランスに労働基準法が適用されないのです。フリーランスは会社員と違って、報酬の支払いや業務の範囲などの労働条件について、労働基準法で守られていません。労働基準法に守られていないため、労働条件に関するトラブルに巻き込まれないよう、自分の身を自分で守る必要があります。

そのため案件を受注する際には細かく契約内容を確認し、合意した内容を記載した契約書を取り交わすようにしましょう。

会社員よりも収入が不安定な面がある

多くの人が心配するフリーランスのデメリットとして、会社員と比較して収入が不安定になりがちであるという点があります。たしかに、フリーランスは自分で仕事を取ってこなければならず、雇用が守られていないため仕事がないと収入を得ることができません。

しかし、決められた給料で、決められた仕事をする会社員と違い、フリーランスはどのような仕事を受けるかを自分で自由に決めることがメリットです。つまり、「収入が不安定」ということは、裏を返せば自分の努力次第でいくらでも収入を得ることができるということです。良くも悪くも自己責任という点は、フリーランスの魅力でもあるのです。

案件を請ける/請けないは自分で決められる

会社員であれば、会社から指示された仕事は基本的には断ることはできません。それに対して、フリーランスは、自分で仕事を選ぶことができます。中には仕事が減ってしまうことや、人間関係が悪くなってしまうことを心配して、依頼された仕事をすべて受けてしまうフリーランスもいます。 しかし、フリーランスとして受けた仕事は実績として残りますから、

  • 希望度の高い案件であるか
  • 自分の成長につながるか
  • キャリアビジョンの実現につながるか

などの観点から、仕事を選んでいくべきです。そうすることがフリーランスとしての自分のブランディングにもなります。また、あまりにも納期が短かったり、単価が安かったりする仕事を受けてしまうと、先方に迷惑をかけてしまったり、自分が苦しい思いをしてしまうこともあります。 条件面も妥協せずに確認した上で仕事を受けるようにしましょう。

フリーランスの職種・年収例

フリーランスがどのような働き方なのか、概要がわかったところで、フリーランスの職種と年収について見ていきましょう。

フリーランスの職種割合

まずはフリーランスの職種割合ですが、どのような職種があるでしょうか。 2015年の中小企業庁小規模企業白書によると、

デザイナー 12.1%
IT系 17.7%
著述家 12.1%
翻訳家 8.1%
土木関連 7.1%
記者、編集者 6.1%
講師業 5.0%
経営コンサルタント 4.4%
その他 18.8%

という割合になっており、デザイナーやIT系の職種のフリーランスが多いことがわかります。エンジニアやデザイナーは、案件も豊富で、フリーランスとして安定しやすいという傾向があるからかもしれません。

フリーランスの年収相場

エンジニア 600万〜720万円
デザイナー 350〜450万円
イラストレーター 300〜500万円
ライター 300〜400万円

これらはあくまで平均年収です。

平均すると上記のような年収になりますが、実際は幅が広く、上位層は1000万円以上の収入を得ています。年収をあげたい場合は、仕事獲得のために営業活動を積極的に行い、クライアントを増やしていくことで、上限なく稼ぐことができるので、フリーランスが稼ぐ年収は自分次第です。

会社員のうちに絶対やっておくべきこと

会社員のうちに絶対やっておくべきこと

それでは次に、会社員からフリーランスになるとき、会社を退職する前に必ずやっておくべきことがいくつかありますので、この点について説明していきます。

クレジットカードの作成

独立する前にやっておきたいこととして、クレジットカードの作成があります。有名な話ですが、フリーランスは会社員や公務員などの安定した職業と比べクレジットカード会社の審査に通りにくいです。収入が不安定なフリーランスは、安定した収入を得ている人と比較して、統計的に支払いが滞る可能性が高いと判断されるためです。もちろん、安定した収入を得られるようになれば審査に通るようになりますが、フリーランス1年目から安定して高収入を得ることは難しいケースが多いでしょう。

そのため、クレジットカードの申請は、会社員時代に進めておきましょう。

ローンの申請

収入の波があり、ボーナスもないフリーランスは、クレジットカードの審査だけでなく、住宅ローンやカードローンなどローンの審査にも通りにくくなっています。理由はクレジットカードの場合と同様で、貸し出したお金を回収できなくなるリスクが大きいためです。フリーランスになる前に、住宅ローンやカーローンなど、審査を終えておきましょう。

会社員をやめてフリーランスになったらすぐにやるべき手続き

ここまでは会社員のうちにやっておくべきことを見てきましたが、続いて見ていくのは、会社員を辞めた後、フリーランスになったらすぐにやるべきことです。それぞれ確認していきましょう。

厚生年金から国民年金への切り替え

フリーランスとして独立した場合に、厚生年金から国民年金への切り替えが必要です。手続きを行う窓口は市区町村役場で、退職した日から14日以内が期限です。 その際に必要な持ち物は、

  • 年金手帳
  • 厚生年金など退職の日付が分かるもの
  • 印鑑
  • 免許証などの身分証明書

です。

会社の健康保険に関しては、退職後2年間までは任意で継続加入ができます。 健康保険料は、会社に所属時は半分を会社が支払ってくれていますが、任意継続後は全額自己負担になります。そのため、任意継続をした場合、支払う保険料は会社に所属していた時の2倍の金額になることに注意してください。それでも国民健康保険に切り替えるよりも、会社の健康保険を継続した方が保険料が安いというケースが多々あります。 国民健康保険に加入するのと、会社の健康保険の任意継続とで金額を比較して、安い方に加入しておくということで問題ありません。

個人事業の開業届出書の提出

個人事業の開業届出書も忘れてはなりません。1カ月以内に税務署に提出が必要です。

その際の持ち物は、印鑑と免許証などの身分証明書です。個人事業の開業届出書を提出したら、フリーランスとしての第一歩を踏み出したと感じるでしょう。

青色申告承認申請書の提出

青色申告承認申請書も提出が必要です。提出期限は2カ月以内ですが、届け出先が税務署ですので、個人事業の開業届出書と併せて提出するのがベターです。持ち物も個人事業の開業届出書の場合と同様で、印鑑と免許証などの身分証明書のみです。税金上優遇されるので、開業届出書とあわせて絶対に忘れないようにしましょう。

フリーランスとして働くために必要なものを揃えよう

次に、フリーランスとして働く上で必要になるものを確認していきましょう。

事業用通帳の開設

まずは事業用通帳です。会社員と違いフリーランスは、自分ですべてのお金の管理をする必要があります。お金の管理には会計ソフトを使うのが一般的です。会計ソフトへは各取引に分けて収入や経費を入力する必要があるため、入力の際には通帳を見ながら行うことになります。

事業とプライベートが混ざった状態の通帳では、この作業が非常に大変になってしまいます。そのため、プライベート用の通帳とは別に、事業用の通帳をなるべく早く用意しておくのがベターです。

会計ソフトを導入

前の節でも触れましたが、会計ソフトの用意も必要です。自分が使いやすいものであればどの会計ソフトでも問題ありませんが、人気があるソフトとしては、

  • 弥生
  • freee

などがあります。

まずはこういったよく使われているものから使い始めてみるのもいいでしょう。初めての確定申告に向けて、早いうちからしっかりと準備をしておきましょう。

請求書や契約書などの雛形を作成

フリーランスとして仕事をしていく際、請求書や見積書の作成は必須になります。労働基準法に守られていないので、請求書や契約書はしっかりと準備しておきましょう。あらかじめ自分が使いやすいテンプレートを用意しておくことで、こういった事務作業をスムーズに、ストレスなく行うことができます。請求書などのテンプレートはインターネット上で取得可能です。

無料のもので充分ですから、取得したものを自分用にカスタマイズして持っておきましょう。

名刺と事業用メールアドレスの作成

フリーランスとして活動する用の名刺やメールアドレスも用意しなければなりません。 名刺はブランディングツールでもありますから、こだわって作ってみてもいいかもしれません。メールアドレスに関しては、仕事を受注する窓口のひとつであり、受注した後の連絡手段でもあります。

PCやスマートフォンでいつでも内容を確認できるような準備もしておきましょう。

印鑑や切手・封筒など事業に必要な身の回り品の準備

会社員時代は、身の回り品が用意されていて、会社支給で使用できますが、フリーランスでは、文具といった細々としたツールも自分で用意しなければなりません。封筒や切手なども切らしてしまうことがないように多めに用意しておきます。また、印鑑はプライベートのものとは別に事業用のものを用意しましょう。

オフィスやネット環境の整備

快適な仕事環境を整えることも重要です。 オフィスには、

  • 椅子
  • パソコン
  • プリンター
  • インターネット環境

などが最低限必要でしょう。

オフィスに関していえば、レンタルオフィスというサービスもあります。これは、オフィスの場所と、机や椅子、文具やシュレッダー、コピー機などの道具をレンタルできるサービスです。また、少し話がそれてしまいますが、自宅をオフィスにする場合、バーチャルオフィスを利用するという方法もあります。バーチャルオフィスは、住所、電話・FAX番号をレンタルし、手紙や電話の転送もしてもらえる仕組みです。自宅住所を事業用の名刺に書きたくないという場合などに便利です。

フリーランスとして仕事を獲得するコツ・案件受注の方法

ここまでは、フリーランスになる・なったあとの準備について、記載してきました。ここからは、フリーランスとして働いていく上で重要なことを確認していきましょう。フリーランスになる際、継続的に仕事を受注できるかが心配な点のひとつだと思います。そこで、ここではフリーランスとして安定して仕事を獲得するにはどうすればいいか、そのコツを紹介します。

まずは、自分のキャリアやスキルを整理し強みを知ろう

フリーランスは、プロフェッショナルとして自分のスキルを提供する働き方です。そのため、まずは自分がどのようなスキル、経験を持っているかを自分自身が把握しておくことが必要です。紙に書き出すなどして、一度視覚的に整理してみましょう。自分自身が自分のことをわかっていると、自分がどのような仕事を探すべきかがわかり、自分に合う求人を見つけやすくなります。

また、何ができるのか、何を強みにしているのかを明確に打ち出しておくことで、企業から見ても仕事を依頼しやすくなります。スキルや経験を整理する際は、具体的な実績と併せて得意分野についても伝えられるように準備するとベターです。

たとえば、単に肩書を「ライター」とするよりも、「IT技術が得意なライター」とした方が、他の人材に埋もれにくいです。急に得意分野を聞かれてもすぐに答えられるように、しっかりと準備しておきましょう。

勉強会に出て技術を磨く、人脈を作る

勉強会に参加するときの目的は、ふたつあります。ひとつは技術を磨くこと。もうひとつは人脈を作ることです。仕事をくれるお客さんを探すだけでなく、同じフリーランスの仲間を作ることで、ひとりではリーチし切れない情報を得ることができますし、困ったときに助け合える安心感もできます。

また、フリーランス向けのセミナーでは、専門技術を学ぶ講座だけでなく、「案件獲得術」など、フリーランスとして生きていくためのノウハウを学べる講座もありますので、こういったものに参加して学ぶことも、自分で案件を獲得していけるようになるためのひとつの方法です。

勉強会、交流会、セミナーなどに参加した際に知り合った人から、巡り巡って仕事につながることもあります。自らのスキルアップのためにも、人脈構築のためにも、勉強会や交流会などには時間とお金を惜しまず参加しましょう。

案件紹介サービスを利用する

一生懸命自分で営業をかけて仕事を取りに行っても、どうしても案件が途絶えてしまうことがあります。単純に苦手な営業をせずに案件を獲得したいという場合もあるでしょう。そういったときに、案件紹介サービスを利用するという方法があります。

ITエンジニア向けの案件紹介サービスとして、「ビッグデータナビ」があります。ビッグデータ関連の求人サイトでは最大級の800案件を紹介可能で、機械学習・AIなどの先端案件が豊富であることが魅力です。

ITエンジニアやプログラマー、データサイエンティスト、コンサルタント・PM・PMOといったIT系人材は一度登録して案件紹介を受けてみるとよいでしょう。

フリーランスになってから気をつけるべきこと

体を大切に!体調管理もフリーランスの仕事

いままで、フリーランスになる前となる時について、お話ししてきましたが、最後に、フリーランスになった後に気を付けるべきことについて書いていきます。

体を大切に!体調管理もフリーランスの仕事

フリーランスになったら、会社員時代以上に健康に気を付けるようにしましょう。 会社員には、

  • 福利厚生
  • 失業手当
  • 厚生年金
  • 有給休暇

などがありますが、フリーランスにはありません。 フリーランスは、自分が働かないと収入がゼロになるため、会社員と比べて病気になったときのリスクが高く、健康管理が非常に重要です。

また会社員の場合は年に1回は健康診断が無料で受けられることが一般的です。しかし、フリーランスには無料の健康診断もありません。年に一度くらいは健康診断で自らの体について、検査をすることが大切ですが、お金も時間もかかる健康診断に行くことが難しいという場合、自分の健康状態を知るための方法として、「献血に行く」という手段があります。

献血は血液を提供する際、

  • 白血球の数
  • コレステロール値
  • 肝機能

など、血液からわかるデータを無料で解析してもらうことができます。

献血にすら行く時間がないという場合、「市販の簡易検査キット」を使うという方法もあります。少し割高になってしまいますが、このキットを使うことで、自宅にいながらガンや糖尿などまで検査することができます。ただ、基本的にはなんとしても時間を作って健康診断にいくことをおすすめします。

いい仕事をするためには仕事をしない時間が大事!?

今書いたように、フリーランスは健康で仕事を続けることが重要です。 そのためには、

  • 睡眠時間の確保
  • 栄養バランスのとれた食事

に気をつかうことが基本です。

いい仕事をし続けるためには、仕事をせずに休む時間も重要ということです。仕事しない時間の重要性はもうひとつあります。自らのスキルアップのためです。仕事をすることで経験や実績が得られます。もちろんこれも重要なことですが、仕事をしていない自由に使える時間の中でどれだけ勉強し、スキルアップできるかということも、高収入を得られる、多くの人に求められ続けるフリーランスにステップアップしていくためには重要なことです。 フリーランスになったら勉強をしようと考えるのではなく、勉強の習慣は会社員時代から意識して身に着けておきましょう。

  • 朝の通勤中
  • 昼の休憩時間中
  • 帰宅する際の電車の中
  • 残業を1時間減らして作った時間

など、勉強時間を確保する方法は工夫すればいくらでもあります。 隙間時間を活用する方法を身に着けておくことは、フリーランスになってからも活きます。フリーランスとして生きていくためには勉強しつづけなければなりません。 勉強し続けることが、仕事を受注すること、高収入を得ることに繋がっていきます。

まとめ

今回は、フリーランスになるための手続きや準備から、フリーランスとして仕事を獲得する方法、フリーランスになってから継続的に仕事を取っていくための方法をご説明致しました。いま社会人の方も、フリーランスになる前にしておくべきこと、なった後にすべきことがおおまかには理解できたのではないでしょうか。

クレジットカードやローンの申請は、フリーランスになってからでは遅いので、忘れずに申し込みを進めておきましょう。役所関連の手続きは一つ一つ確認しながら、漏れなく申請しましょう。

この記事が、会社員からフリーランスになるための参考となれば幸いです。

関連記事Related Posts