IoTエンジニアの求人案件

IoTエンジニアの求人案件

ありとあらゆるモノがインターネットでつながるIoTという技術は、急速に進化・普及しています。デジタル家電やスマートスピーカーなど我々の生活にもすでにIoTは浸透しつつあり、2020年には300億以上のIoT端末が登場するとの試算もあるほどです。となると、それらの開発に従事するIoTエンジニアのニーズもこれからますます高まっていくことは間違いありません。

IoTはまだ新しい分野です。そのため、具体的にどんな知識やスキルがあれば「IoTエンジニア」になれるのか、独立してフリーランスとして働けるかのイメージがわかない方も少なくないでしょう。そこで、ここでは求人案件の動向から、必要な知識やスキル、IoTエンジニアの年収、役立つ資格、さらには今後の将来性などについて詳しくお伝えしていきます。

案件について相談する(無料)

IoTエンジニアのフリーランス求人動向

IoT分野では多くのフリーランスエンジニアが活躍しています。しかし、IoTは近年登場した分野のため経験者が不足しており、開発や求人の需要に対してエンジニアが不足している状況です。そのため、スキルの高いフリーランスには高い報酬を支払う企業も少なくありません。

IoTはAIやインターネットと関連する分野であるため、組み込みに関する業務のほか収集したデータの分析やアプリケーションを開発するIoT案件もあります。センサーデバイスや端末機器を経由し、ネットワークを通じて収集したデータを蓄積することが可能になるため、その分析結果に基づいて、業務効率の改善、マーケティング、新たなサービスの開発などにつなげることも試みられています。

製造業や運輸業ではすでにIoT技術が活用されています。工場設備にIoTデバイスを取り付け、在庫を管理したり機器の異常をいち早く検知して故障が発生する前に対処したりなど、実際の業務に役立てる企業も増加中です。また、社用車に取り付けて遠隔から管理することなども可能です。

IoTエンジニアの求人案件

IoTとは

IoTとは、英語の「Internet of Things」の略語であり、日本語では「モノのインターネット」と一般的に言われています。従来のイメージでは、インターネットは人間がパソコンやスマートフォンなどで接続するものでしたが、IoTの世界ではありとあらゆるモノがインターネットにつながります。

IoTは、専用デバイスと回線、データを分析する基盤があれば、あとはアイデア次第でさまざまな分野に活用できる技術です。今後もIoTを活かした新たなビジネスモデルが次々と誕生していくことが期待されています。

IoTエンジニアとは

IoTエンジニアとは、簡単に言えば、IoT製品を開発するエンジニアのことです。組み込みソフトウェアに関する業務やセンサデータから取得した情報の処理など仕事内容は多岐にわたります。IoT端末に関連する開発業務では、様々な技術がもちいられます。企業や開発する製品によっても違いがありますが、プログラミングなど基本的な技術のほか設計やコミュニケーション能力が必要な職業です。

ハードウェアとソフトウェア両方の開発知識が必要

IoTの開発に当たるエンジニアには幅広い知識が求められます。デバイス、アプリケーション、AIなどの開発スキル、システムの組み込みスキル、それにセキュリティ対策などの知識も必要です。ハードウェアとソフトウェア両方の領域を幅広くカバーする技術ですので、エンジニアにもそれだけ幅広い知識とスキルが求められます。そのため、一人ですべてを完結することは難しく、複数のエンジニアがお互いの得意分野で協力し合って開発を進めるのが実際のやり方です。

IoTエンジニアが活躍する業界

IoTエンジニアが活躍する業界となると、やはり製造業が多いでしょう。実際、自動車メーカーや精密機器開発メーカーでは、積極的にIoTやAI技術を導入しているため、IoT関連の求人はかなり多いです。もちろんIT企業でも積極的にIoTエンジニアを採用しており、先進的な技術の開発に邁進しています。IoTはさまざまな可能性を秘めた技術ですので、今後はあらゆる業界において必要とされるでしょう。

IoTエンジニアが不足している理由

IoTは今後間違いなく普及する技術ではありますが、それを開発するIoTエンジニアの数はまだまだ不足しています。政府も人材不足を課題としており、今後人材育成に力が注がれるのは確実です。現在の人材不足の背景を少し見てみましょう。

スマート家電やスマートスピーカーなど開発需要が伸びている

さまざまなメーカーがスマート家電やスマートスピーカーを続々と販売しています。Amazonの「Amazon Echo」、Googleの「Google Home」といったスマートスピーカーはすでに日本の家庭にも普及しつつあります。アップルやマイクロソフトといった大手企業も新たな製品を開発中です。こうしたスマート家電やスマートスピーカーは顧客データの集積にも有用ですので、今後は国内のメーカーも独自の製品の開発に力を入れていくことでしょう。このように、IoT技術を搭載した製品の開発需要は伸び続けています。

幅広い知識やスキルを持つフルスタックエンジニアが求められている

需要の高いIoTエンジニアですが、まだまだなり手が少ないのが現状です。なぜなら、IoTエンジニアには幅広い知識とスキルが必要とされるからで、ハードウェア、ソフトウェア、AI、組み込みシステム、データ集積などに幅広く精通していなければなりません。これまでエンジニアといえば、システムの高度化と分業化に伴って、一つの分野に特化した職種というイメージがありました。そのような従来のエンジニアとは異なり、IoTエンジニアはあらゆる分野に高い専門性を発揮するフルスタックの人材でなければ務まらないという事情が人材不足につながっています。

新しい分野のため、IoT経験のあるエンジニアの数が少ない

幅広い知識とスキルを備えた人材がいないことが人材不足の一つの要因ですが、IoT開発を行う企業はまだまだ多いとは言えないため、IoTの実務経験があるエンジニアが増えていかないことも人材不足の理由に挙げられます。企業はやはりどこも実務経験のある優秀なエンジニアを採用したいと思うものですが、実務経験を積める場所がまだ少ないため、十分な数の人材が育つ環境にないわけです。

IoTエンジニアの年収・フリーランス単価相場

IoTエンジニアの年収やフリーランスの単価を見ていきましょう。ただし、IoTエンジニアはまだ新しい職種のため、正確な年収データは少ないです。これから紹介する金額はあくまで参考値として考えてください。

正社員で働くIoTエンジニアの平均年収

IoTエンジニアは一般のエンジニアよりも幅広い知識とスキルを必要とする職種ですが、まだ一般のエンジニアと比べて飛び抜けて年収が高いとは言えません。一般的な30代のSEやプログラマーが平均年収500~600万円なのに対し、IoTエンジニアはそれより高い程度です。

ただ、年収に関しては、職種というよりも所属する企業によって大きな差が生まれます。大手の自動車部品製造メーカーや医療機器メーカーでは、ハードウェアの開発には強いもののIoTの経験がまだ不足しているため、その弱点を補えるIoTエンジニアはかなり重宝されると言えるでしょう。安定収益を上げる大手メーカーに就職できれば、年収1千万円以上も不可能ではありません。

一方、多くのベンチャー企業でもIoTエンジニアを募集していますが、企業の規模によっては、年収400万円以下など一般的な平均年収より低くなることもあります。

フリーランスのIoTエンジニアの単価相場

フリーランスに関しては、ITエンジニア全体で月単価がおよそ60万円です。IoTエンジニアに限るとこれより高くなると言えるでしょう。ただし、個々のエンジニアのスキルにも左右されますし、東京などの大都市圏と地方では単価の水準も違うため、実際の相場はかなり変わります。ただ、時給なら平均4,000円以上は目指せるでしょう。能力次第では年齢や経験に関係なく高収入が狙える職種です。

IoTエンジニアの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、機械学習・深層学習・IoTといった先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上保有するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えのエンジニアや、正社員の副業もサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

AI、IoTなど最先端分野に特化したエージェントだから紹介できるエンジニア求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能やIoT/RPAなどAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

IoTエンジニアに必要な知識・スキル

先ほどからお伝えしているように、IoTエンジニアには幅広い知識とスキルが求められます。プログラム開発、ネットワークの構築、OS、組み込みなどさまざまな分野のスキルが求められますが、ここではもっと具体的に見ていきます。

デバイスを操作する組込系の開発スキル

IoTエンジニアに組込みシステムのスキルは必須です。家電などの機器にCPUを組み込んで動作させるというスキルですが、プログラミングやソフトウェア開発だけでなく、基盤、センサー、デバイスなどハードウェア全般のスキルが求められます。

インターネットにつなげるネットワークの知識

IoTはあらゆるモノがインターネットにつながるという技術ですから、IoTエンジニアにはネットワークの知識が欠かせません。パソコンやモバイルデバイスでインターネットに接続する際に使用されるWi-Fiなどの通信規格に通じていることはもちろんのこと、今ではBluetoothもよく活用されるため必須の知識です。さらに高度なネットワークのスキルが要求されることもあるでしょう。

スマートフォンアプリやWebアプリケーションの開発スキル

IoTはスマートフォンアプリなどと連動して利用されることが多いため、スマートフォンアプリやWebアプリケーションの開発スキルも必要です。今ではパソコンよりもiPhoneやAndroidなどのスマートフォンの方が広く普及していると言えるほどですから、この分野のスキルは必須と考えて間違いないでしょう。

収集したデータを解析する機械学習・AIのスキル

IoT端末が取得するデータは、クラウドに集積され、さらにそこで解析が行われます。その解析には機械学習やAIが用いられるため、IoTエンジニアにはこの分野の知識も求められる機会が多いです。

セキュリティの知識

これまでやや軽視されてきた感がありますが、IoTとはあらゆるモノがインターネットに接続される技術ですので、パソコンやスマートフォンと同じくセキュリティ対策が必須です。実際、外部からの攻撃によりマルウェアに感染しているIoT端末がかなりの数に上ると言われています。そのため、IoTエンジニアにも強固なセキュリティシステムを構築できるスキルが求められていくでしょう。

IoTエンジニアに役立つ資格

これからIoTエンジニアを目指す方、すでにIoTエンジニアとして働いている方がさらにスキルを高めたい場合におすすめの資格を紹介します。

IoT検定

エンジニアだけでなくIoTに関係するあらゆる人を対象とした資格がIoT検定です。技術的な観点だけでなく、IoT普及のためのマーケティングなどの分野もカバーします。IoT検定を取得すれば、IoT製品の企画開発に求められる全般的な知識があることを証明できるでしょう。

IoTシステム技術検定試験

IoTシステム技術検定試験は、IoTエンジニアの育成をおもな目的とした検定試験です。MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)という団体によって2016年に開始されました。同団体によると、5年で5万人以上のIoTエンジニアを創出することが目標とのことです。IoTシステムの企画、開発、運用、保守など幅広い知識が求められます。試験内容は基礎・中級・上級と三つに分かれており、基礎レベルではIoT用語などの基本的な知識や理解、中級はシステムを構築するための技術、上級はさらに高度なシステム構築の技術を問われます。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験とは、組込みシステム開発における幅広い知識やスキルを活用して、最適なシステムの設計や構築を主導できる人材を認定する試験です。この試験はさまざまなシステムを対象としているのが大きな特徴で、ここ最近では、自動運転、スマートグリッド、ドローン、駐車場管理システム、冠水防止システム、病院内資料配送システム、カメラ付き防犯灯、観光案内用ロボットなどが出題されています。

かなり広範囲の試験ですから、実際に組み込み系システムの開発を行う現役のエンジニアでも、自分の得意とする分野が出題されるとは限らず、不合格になることも少なくないようです。一方、学生の合格率が一定の割合を占めるため、物理、電気、モーター、電子回路などに関する基本的な知識があり、計算問題が得意で過去問でしっかり対策できる人なら、実務経験がなくても合格できる可能性はあります。

IoTエンジニアの将来性

IoT市場は2017年にすでに5兆円を超える規模でしたが、2022年にはその4倍超に達すると予測されています。今後はさらにスマート家電の需要が高まり、家ごとIoT化していく傾向にあるため、IoTエンジニアの需要も今以上に高まることは確実です。もちろん技術は日々進歩しているため、IoTエンジニアとして就職できれば一生安泰というわけではありません。しかし、謙虚に学ぶ姿勢を持ち、自分の知識やスキルをアップデートしていける人であれば、将来の展望は明るいと言えるでしょう。

その他のフリーランス案件特集