PHP案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

PHP案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

PHPは、サーバーサイドやフロントエンドなどWeb開発に利用されることの多いプログラミング言語です。最近ではフレームワークLaravel 案件などでの需要が増えており、Web系エンジニアの方で、PHPのフリーランス求人案件をお探しの方も多いのではないでしょうか。

今回の特集では、「PHPエンジニアのフリーランス求人動向」を中心に「PHP案件の特徴」「求められるスキル」「年収・単価アップの方法」について紹介します。

案件について相談する(無料)

PHP案件の特徴

PHPは、ほとんどのケースでWeb制作、アプリケーション開発に使われるプログラミング言語です。逆に言うと、この二つの分野以外ではほとんど使われることがなく、限定されたジャンルで使用される言語だとも言えるでしょう。これにはPHPの特徴が関係しています。PHPはサーバークライアント側に保管されるタイプの言語でウェブ開発と相性がよいのです。HTMLに実装することを意識して作られている言語のためそのような動作をします。Webやアプリ関連での動的なページ生成や実装をメインに活用されます。そのため、必然的にPHPエンジニアはWeb制作やサーバーサイド開発などの仕事に集中することになります。

もう一つの特徴はPHPは比較的簡単に覚えられるプログラミング言語であるという点です。HTMLと組み合わせることで、かなり広い範囲の機能を持たせることができますが、言語の文法やコード自体は難しくないので、初心者が取り組んでも経験を通じて使えるようになっていきます。こうした事情があるため、PHPを使える人はかなり多く、日本国内でも10万人を超えるPHPエンジニアがいるとされています。PHPの求人案件は全体的にかなり多いとはいえ、要件を満たすエンジニア・プログラマーの数も多いので、割の良い仕事の応募は競争が激しくなる傾向にあります。また、シンプルな仕事はフリーランスの単価報酬が安めとなる傾向もありますので、報酬と案件の複雑さのバランスを見ることが大事です。

PHPのおすすめ求人案件

PHP案件のフリーランス求人動向

PHP案件の種類

PHP案件は、Web制作、アプリケーション開発、SNS開発という分野がほとんどとなっています。中規模のITシステムの開発をPHPで行うこともありますが、Webサービスに関する機能を作る仕事が求人案件の大半を占めています。大企業でもPHPを利用したサービスを提供している会社やサービスは多いので、簡単なサイトだけでなくかなり大規模なサイト制作に関わることもあります。PHPは非常にポピュラーなプログラミング言語であり、現場ではよく使われていますので、案件が常に安定してあるというのがメリットです。しかも、大きなものから小さな案件まで種類が豊富ですので、フリーエンジニアにとって選びやすい仕事が多い言語と言えるでしょう。

さらに、新規サイトやアプリケーション、サービスの開発だけでなく、運営や管理といった案件も多いのが特徴となっています。ECサイトなどの、サイト上で様々なサービスを提供するサイトでPHPはかなり使われていますが、定期的なメンテナンスや改良が必要に応じて行われます。そのための定期継続的な案件が出ることも多いので、単発の仕事だけでなく長く続けられる仕事を見つけやすいというのも一つの特徴となっています。

Webサイト開発

PHPの案件の中でもかなりの程度を占めているのがWebサイトの開発です。サイトを動的に運用することができますので、現在では多くのサイトでPHPが用いられています。特にブログサービスなどは、自動的に最新記事を表示するなどの機能が必要です。PHPはそのような機能を作りやすいため、よく用いられています。主要なCMSであるWordPressもPHPで開発されています。それだけWebサイト関連の案件は、PHPエンジニアにとってポピュラーなものとなっているのです。

PHPにより様々な機能をWebサイトに実装することができますが、フリーランスのエンジニアはPHP単体のスキルだけでは仕事がしづらいというのが実情です。フロントエンド開発では、HTMLやJavaScriptを同時に用いることができるエンジニアが求められることが多くなっています。バックエンド開発では、サーバーやネットワーク、データベースなどLAMP環境での開発に関するスキルが必要です。一つの機能というよりも、サイト全体の流れをくんで総合的にプログラミングしていくことが多いからです。

こうしたことから、PHP案件という形で依頼が来ても、実際にはHTMLによるサイト構築や修正が含まれていることが多い傾向にあります。また、報酬単価はサイトに実装する機能のレベルによって変わってくる傾向もあります。それによって、かなり報酬の幅があり、月単価で見ると20万円から70万円程度の違いがあります。もちろん、どのくらいの規模のプロジェクトかによる差もありますので、フリーエンジニア単独で請け負える仕事かどうかをチェックした上で案件を受注する必要があります。

ECサイト開発

Webサイト制作の中でも、特にPHPが求められるジャンルとしてECサイトがあります。検索などユーザーのアクションに対して適切なページや商品を表示する機能や、決済画面、店舗が使用する管理画面などのプログラムはPHPで作られていることが多いからです。PHPは自由度が高く、それぞれのサイトのニーズに合わせてかなりフレキシブルに機能を変更できるため、クライアント側も高度な要求をしてくることも少なくないです。そのため、PHPエンジニアには顧客が求めてくる要望に応えられるスキルが求められると言えるでしょう。また、ECサイトは全体的に規模が大きな案件となりますので、仕事量も多いですし期間も長めとなる傾向があります。フリーランスが一人でできる仕事ではありませんので、チームでプロジェクトを行っていくか、細かく機能ごとに業務を切り出して下請けとなることも多い案件です。

こうしたことから、チームで働いたことのある経験を持っている人、プロジェクト管理者としての実績があるエンジニアの場合は、より高い報酬を期待できるのが特徴となっています。さらに、切り出し業務を個人で行うとしても、全体の流れを理解してプログラムしていくことが求められますので、Git/Githubなどを使ったチーム開発の経験があるというのは大事なポイントです。

業務システム開発

業務システム開発は、PHP案件の中ではそれほど大きな割合を占めているわけではありませんが、徐々に数が増えているジャンルです。というのも、企業の業務を効率化させるためには、社員同士のコミュニケーションツールを構築したり、書類の共有やプロジェクトのオンライン化を図ったりすることが多くなってくるからです。単なる業務処理のためのプログラムとしてはPHPはそれほど使われませんが、ネットワーク関連の部分でPHPが入ってくるという感じです。また、WebやAPIなど他のアプリケーションと連動した形でシステムを作ることも多くなっていますので、PHPの出番が出てくるという流れも見られます。

同じPHPでも業務システムとWeb開発では、作業の流れやシステムの構築の仕方が異なります。もともとPHPはかなり自由度の高いプログラミング言語ですので汎用性があり、使い方によって成し遂げられることが多くなります。そのメリットを生かして、今までWeb関連の仕事が多かったものの、今度はシステム開発に力を入れたいと考えている人もいることでしょう。しかし、ジャンルが違うと、同じ言語でもかなり勝手が異なりますので注意が必要です。いきなり複雑な大きな規模の案件に入るのではなく、このジャンルのやり方に慣れるためにも、最初のうちはちょっと小さめの案件をこなしていくと良いでしょう。

ゲーム開発

ゲームの中でも、特にアプリゲーム、オンラインゲーム、ソーシャルゲームでPHPが使われることが多くなっています。ゲーム開発関連の案件は、国内外の企業からたくさん入ってくるため、選択肢が多いというメリットがあります。ただし、その難度や規模の大きさはかなり案件ごとに異なりますので、自分に合った仕事となるかどうかを事前に確認することが大事です。案件の報酬単価は、通常のWeb系開発よりもちょっと高めとなる傾向があります。月単価で見ると、30万円から70万円ちょっとというところでしょう。より大きなプロジェクトでの求人の方が単価が高いことが多いので、まとまった額の報酬を狙うことも可能です。

また、外資系企業からの依頼の場合やグローバルで展開するゲーム開発では仕様が英語で来ることもあります。そのような場合に英語力があると案件の幅が広がります。PHPエンジニアは日本国内でもかなり多いので、こうした追加スキルを有効活用して、フリーランス案件をゲットしたいものです。また、有名ゲームの開発に携わったという経験があると、より割の良い仕事も請けやすいので、キャリアアップには最適でしょう。

PHP案件でよく使われるフレームワーク

PHPは、世界中のWebサービスやアプリで使用されていますし、エンジニアの数も多いのでかなりの数のフレームワークがあります。フレームワークとは、プログラムをするベースのようなもので、あらかじめ基本となるコードが記載されているため、実際に開発をする時には、そのフレームワークを基に詳細を変えていったり、削除、追加をしていったりすることで効率よくシステムを作っていけるというものです。

よく使われるフレームワークとしては、CakePHPがあります。昔からあるフレームワークで歴史が長いので、いろいろなタイプのサービスに利用できること、チームでの開発をする際にCakePHPを選択することが多いというメリットがあります。他には、Laravelが挙げられます。新しく作られたフレームワークで、より進んだ機能を盛り込めるのが特徴です。世界的にはこのLaravelの使用がトレンドとなっていて、使用率が上がっています。

PHP案件のフリーランス単価相場

PHP案件はかなり数が多いですし、規模や専門性においても種類が豊富です。そのため、案件ごとにかなり単価が異なるという事情が見られます。かなり大雑把に単価相場を見ると、月単位で30万円から70万円というのが一般的です。

とはいえ、スキルの高いフリーランス案件となると、80万円を超える単価の仕事も多い傾向にあります。また、Web開発よりも、アプリケーション関連やシステム開発系の方が若干であるものの、単価相場が高めとなっています。さらに、同じWeb関連の案件の中でも、通常サイトよりもECサイトなどの、大規模なプロジェクトに参加するものの方が高額報酬となります。

PHP案件で求められるスキル

PHPというプログラミング言語自体は、それほど難しいものではなく、初めてプログラミング言語を学ぶ人でも習得することができます。こうした事情がありますので、エンジニアの数も多く競争が激しいジャンルとなっています。そのため、普通にPHPが扱えるというだけでは、好条件のフリーランス求人はなかなか見つけられません。コーディングだけではなく、サーバーサイド開発、フロントエンド開発などそれぞれで活用する技術を扱えるように経験を積んでいくことが大切です。

まず、関連するスキルとしてHTML・CSSやJavaScriptを同時に使えるようにしたいものです。少なくともHTMLは、Web系開発の案件でかなり用いられますのでスキルを持っていた方が良いでしょう。また、PHPは自由度が高い分、フレームワークがかなり多く参照するのが大変なことや、記述ミスが生じやすい、セキュリティに弱いという点があります。そのため、特にセキュリティ関連のスキルを持っていて、安全性に配慮したサイトを作れるエンジニアであることはかなりの高ポイントとなります。

PHP案件でさらに年収を上げるポイント

この分野での年収を上げたいのであれば、やはりスキルと実績を証明できるものを持っていることが肝心です。PHPスキルを示す資格としてPHP技術者認定機構の開催する「PHP技術者認定試験」があります。国内だけでなく国際的に通用する資格もあるため、他のフリーエンジニア・プログラマーと差をつけるためにも、こうした資格を取ってスキルをアピールするのも良いでしょう。

さらに、どんなサービスの開発に携わってきたのか、どのくらいの実務経験年数があるのかというのも、単価に大きく関わってきます。大規模プロジェクトや大企業からのオファーの場合は、明確にPHP実務経験3年以上などの条件が課されることも多いです。そのため、開発経験が豊富というのは大きな武器となります。また、Eコマースや金融、人材、エンタメなど特定の事業ドメインに詳しい場合は、その点をアピールしましょう。

PHPの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上掲載するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えの方や、正社員の副業をサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

機械学習・AI、IoTといったデータサイエンス領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内唯一のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数は国内最大。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

PHPの今後の動向と将来性

PHPは、用いられるジャンルが限定されることや、他の新しいプログラミング言語に取って代わっている分野が出てきているという事情があります。しかし、特にWebサービスやメディアサービスの分野では、ベースとなる欠かせない技術ですので、これからもPHPが使われ続けていくことは間違いないでしょう。SNSなどでの採用も広まっていますので、最新技術に対応していくことで十分に将来性もあります。フリーランスエンジニアとして成功していくためには、いろいろな新しいジャンルに挑戦して、スキルの幅を広げること、特に最新技術の習得に力を入れることが重要となります。エンジニアの頑張りが形になって出やすい分野とも言えますので、努力を怠らずスキルアップを目指していくようにしましょう。

その他のフリーランス案件特集