データサイエンティストの求人案件

データサイエンティストの求人案件

データサイエンティストの案件をお探しでしょうか。ビッグデータナビは、統計解析などデータサイエンスの分野を中心にフリーランス求人を紹介する案件情報サイトです。こちらの特集では、ますます注目が集まるデータサイエンティストの求人をピックアップしてお届けします。
データサイエンティスト業務が未経験の方でも、ITエンジニアとしての経験があれば参画可能な案件もあります。詳しくはお問い合わせください。

案件について相談する(無料)

データサイエンティストの求人動向

データサイエンティストとは

データサイエンティストとは、データサイエンス力、データエンジニアリング力をベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナルです。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストは、機械学習や統計解析の深い知見をもとに企業の業務効率化や、データ分析によるビジネス変革を行う職種です。
具体的な仕事内容について「統計解析・データ分析」「機械学習のビジネス導入支援」「データ基盤設計・構築」があります。詳細を以下で解説します。

統計解析・データ分析

分析基盤環境を用いて分析・レポーティングを行い、ビジネス上の問題解決や改善提案を行います。分析では「データを用いてビジネス上重要な知見を得る」といったことを支援したり、レポーティングでは、「KPI(Key Performance Indicator)を意思決定者に見える化すること」などを行います。
データサイエンティストは、統計解析の知見をいかし「仮説と実際のデータが矛盾していないかの検証」「様々な分析手法を活用しデータに当たりその結果を解釈していく」といった業務に携わります。

機械学習のビジネス導入支援

主に、SIer・ITコンサルやデータ分析の受託企業のデータサイエンティストが行う業務です。データ分析やビッグデータ活用などの開発やデータ基盤の整備をパッケージ化し、クライアント企業での導入支援までを提供する際の要件定義やデータ設計、モデルの検討などを担当します。
PoCから運用まで機械学習や統計アルゴリズムによる最適化を活用し、ビジネス上の問題・課題の解決策立案、その導入の支援、コンサルティングなどを実施します。

データ基盤設計・構築

ビッグデータ分析や機械学習にはデータが必要です。分析目的や課題に応じた適切なデータソースを選定し、分析基盤を整えるといった業務もデータサイエンティストの仕事の一部です。
業務では、システムログ、アクセスログなど社内に存在するデータから、SNS・ブログなど外部の情報ソースまで、分析目的に応じたデータを適切な形式で収集し、HadoopやMySQL、NoSQLなどのデータベース環境を構築・運用します。また、Amazon Redshift、BigQueryなどのデータウェアハウス(DWH)、データレイクといった基盤にデータを蓄積するシーンも増えてきました。
また、蓄積したデータについて、BI(Business Intelligence)ツールや、Hiveなどのようなデータ操作環境を構築・運用する場合もあります。

データサイエンティストに必要なスキル・能力

ビジネス力

データサイエンティストには、企業や組織がかかえる課題背景を理解した上で、ビジネス課題を整理し解決する力が求められます。そのため、統計解析や数学、コンピュータサイエンスの知識だけではなくビジネスへの深い理解と問題解決のスキルが求められます。
具体的なビジネス力の要素として、ビジネスモデルの設計、ソリューションの提案・実装、課題の提出、データに基づく現状分析、ビジネス構造の理解などがあげられます。

データサイエンス力

ビッグデータ分析を実務で行う統計解析のプロフェッショナルとして、データサイエンスに関する知見やスキルが必須となります。そのため、データサイエンティストには、情報処理、人工知能、統計学など情報科学系の知識を理解し、ビジネス上の課題に適用するデータサイエンスの実践が求められます。
統計的手法の理解・利用のほか、機械学習・ディープラーニングに関する知識、新規手法の考案、先進的な手法の調査・利用・実装などが必要です。

データエンジニアリング力

データ分析や機械学習の実務を行ううえで、プログラミングやシステム設計のスキルが必要となります。データサイエンスをビジネス上で意味のある形に使えるようにするためには、モデルやアルゴリズムのほか、システム・データ処理などの実装、運用をできるようにするエンジニアリング力が求められます。
システムを実装し運用するためには、コーディングやデータベース操作のほか、より上流にあたるフレームワークの設計、分散処理の実装、計算パフォーマンスの管理、製品レベルの実装などが必要となります。

データサイエンティストのおすすめ求人

データサイエンティストの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報が業界最大級の規模で集まるサイトです。案件の紹介を希望する場合、まずは無料登録をお願します。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えの方や、正社員の副業についてもサポートします。

未経験からデータサイエンティストの案件に参画する方法

未経験可の求人に応募する

データサイエンティストの実務未経験の場合でも参画できる案件に応募し、面談にて条件が確定すれば未経験から案件に参画することができます。エンジニアやITコンサルタント、データ分析職でのご経験が1年以上の場合はぜひご相談ください。

機械学習の講座を受講してスキルアップする

実務経験が少ない場合は、弊社の提供する機械学習・ディープラーニングの講座を受講してから案件に参画することも可能です。
詳細については、お問い合わせください。

ビッグデータナビが選ばれる理由

機械学習・AI、IoTといったデータサイエンス領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内唯一のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数は国内最大。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

まとめ

今回の求人特集では、データサイエンティストの求人動向やフリーランス案件の探し方について紹介しました。ビッグデータ分析のビジネス利用の拡大とともに、データサイエンティストへのニーズが増加しており、データ分析や機械学習の実務経験をお持ちの方は、適切な案件に応募し年収をアップできる可能性があります。
また、将来性を見越してアナリティクスやデータ分析のスキルアップ、キャリアチェンジに取り組む方々も増加傾向にあります。エンジニアとしての開発経験やアナリストとしての分析経験、コンサルタント経験などがあれば、データサイエンティストの案件にエントリーすることは可能です。

その他のフリーランス案件特集