Webマーケティングの求人案件

Webマーケティングの求人案件

リスティング広告やSNS運用、インハウスSEOなどWebマーケティングのフリーランス求人の募集も増えてきました。また、フリーランスマーケターのスキル要件はそれほど高くなく、2、3年の実務経験を積んだWebマーケターであれば問題なく独立できる状況といえるでしょう。

この特集では、Webマーケティング/マーケター案件のフリーランス求人動向から始めて、仕事内容や案件で求められるスキル、需要や年収、さらにその将来性まで詳しく見ていきます。

案件について相談する(無料)

Webマーケティングのフリーランス求人動向

Webマーケ関連職種のフリーランス求人市場は活況を呈しています。インターネット広告、SEOなどの集客案件やSNS、ブログでの認知拡大、LPO、EFOでのコンバージョン改善など細分化された分野のプロフェッショナル人材や、それらを統合して実施できるコンサルタントやマーケターのニーズが高まっています。まさにこれから独立・フリーランスでの活動を目指している人にとっては将来性豊かな環境と言えそうです。

Webマーケティングは、私たちの生活に欠かせないアプリやウェブサイトに関する仕事だけに、今後さらに案件の需要が増加していくのも確実視されています。ただその一方で完全にフリーランスとして職業を成立させ、生計を立てていくには豊富な経験や評判など能力以外の面が求められる部分もあります。

そのため、フリーランスとして仕事を獲得するには、数年の実務経験が必要でしょう。広告代理店出身の広告運用担当者やアカウントマネージャー、Web制作会社に所属していたWebディレクター、事業会社のCMOやマーケティング責任者などを経て独立や副業を開始するパターンも多くなってきました。

Webマーケティングの求人案件

フリーランスでマーケティングの仕事ができる企業

フリーランスが活躍できる企業としてはまず自前でWebマーケティングを行う人材やノウハウが確保できていない会社が挙げられます。中小企業のように人材の確保が難しいところはもちろん、建設業や物流などこれまでITをあまり積極的に導入してこなかった業種業界もWebマーケティングを推進していくうえで即戦力のフリーランスを求める傾向が増えています。

それから見逃せないのが大手企業です。新規事業の立ち上げやMA・CRM導入、Webサイトのリニューアルなどプロジェクト単位で取り組む仕事は大手企業のマーケティング案件でも多くみられます。大手クラスになると自前でWebマーケティング職を抱えているのでフリーランスが活躍する余地がない印象もありますが、実際にはマンネリ化を防ぐ、新鮮な話題づくりを目指すといった事情から外部のフリーランスを招聘してマーケティングを行うケースも増えているのです。

マーケティングの中でもとくに斬新さとインパクトが求められるWebマーケティングの分野では、こうした外部からの意見を取り入れることが重要と言われています。もともと資本力があり、大規模なマーケティングができる大手だからこそ、外部の斬新なWebマーケティングのアプローチを取り入れることで大きな成果を上げるチャンスも得られるわけです。

Webマーケティング案件、仕事の種類

具体的にどのようなフリーランスのマーケティング案件があるのかみていきましょう。Web制作やWebを活用したマーケティングのプロジェクトの企画・提案といった派手な仕事もありますが、ほかにも地道と表現できる仕事も多々あります。

サイト構築・メディア編集

Webサイトの構築では、「Webデザイナー」や「Webディレクター」向けのフリーランス求人が多くあります。より技術職の面が強いサイト構築では、フロントエンドやバックエンドのエンジニアも参画します。最近では、コンテンツマーケティングのようなメディア編集の仕事も増えており、Webライターへの記事発注を束ねる役割やメディアの方向性や運用改善などに責任をもつ編集者として、フリーランスのWebマーケター求人が募集されるケースもあります。

動画がマーケティングにおいて大きな意味を持つようになった現代のネットビジネスでは、画像編集や動画編集などのスキルをもったクリエイターへのニーズも上昇しています。マーケターとしては単にインパクトのあるメディアを作るだけでなく、サイト構築の中で見やすく、わかりやすい環境を作っていく役割が求められます。

SEO

SEOでは、Googleなどの検索エンジン経由のサイト流入を増加するために、意図した検索語句での上位表示やCTR向上を目指してWebサイトの最適化やコンテンツ追加を行います。Webマーケター、SEOコンサルタント、SEOディレクターなどの職種名で募集されます。

SEOのフリーランス求人は中小企業の案件でよく見られます。大手では自前で行うことが多いSEOですが、中小企業ではその環境が整えられていないことも多く、外注することが多いからです。Webマーケティングとは若干距離がある仕事ですが、「どうすればサイトが上位表示されるか」の視点はマーケティングとも通じる面もあります。

インターネット広告運用

リスティング広告やSNS広告、ディスプレイ広告などへの広告出稿や運用業務をおこなう広告運用の案件です。広告運用の経験者は不足しており、広告代理店や大手企業、中小・ベンチャーなど幅広い企業から求人の引き合いがあります。クライアントから直接案件を獲得する場合などは、リモートや在宅可のフリーランス求人もあります。

流行りすたりのサイクルが非常に早いWebの世界では広告運用も大事な仕事です。Google、Yahooなどの媒体に加えFacebook、Twitter、LINEなどのSNS広告の運用経験のある経験者は重宝されるでしょう。

アクセス解析

Webマーケターとしての必須スキルにもかぞえられるのが「アクセス解析」です。ウェブサイトに関するアクセス解析やデータ分析を専門にする職業として「Webアナリスト」があります。SEOとも関連してくる役割ですが、アクセス解析も大事な仕事です。単にどれだけの人がサイトに訪れているかをチェックするだけでなく、どのようなルートでサイトに訪れているのか、どんな年齢層がどんな時間帯に訪問しているのかを解析することでより「売れるWebマーケティング」の環境を磨き上げていくことができます。

資料作成・データ集計・リサーチ

Webマーケティングのフリーランス案件として、資料作成やデータ集計などの単純作業にちかい補佐的な案件もあります。主なものではマーケティングに必要なデータの分析や資料の作成などです。分析やリサーチの案件では、どの客層をターゲットにしてマーケティングを行うのか、どのようなマーケティングが高い効果を上げられるのか、客観的な視点から分析していくわけです。

メールマーケティング

以前に比べると重要性が低下している面もありますが、メールマガジンも含めたメールマーケティングも挙げられます。こちらは新規顧客の獲得よりもリピーターの維持をおもな目的としています。定期的に最新情報を提供するのはもちろん、メールを購読する人が「これを読んでいるとお得な情報が手に入る」というお得感を提供できるかがポイントになります。

SNS運用

Twitter、Instagram、Facebookなどの企業アカウントを運用したり、キャンペーンを設計するSNSマーケティング関連の求人ニーズも増加しています。バズや口コミの力が認知されるなかで、SNSをいかにうまく運用してマーケティングに役立てることができるかは多くの企業で課題となっています。SNSでは「炎上マーケティング」などと呼ばれる過激な手法をとるケースも見られますが、基本的にはより正攻法で、多くの人に面白いと思ってもらい、定期的にチェックしてもらえるようなSNS環境を作り上げていきます。

Webマーケティング案件の参画に必要なスキル

こうした案件をうまくこなしていくためには専門的な知識やスキルも欠かせません。最初からすべてをカバーするのは難しく、経験を積んでいく過程で少しずつ身に着けていく形になります。

ディレクション

Webマーケティングの案件では、デザイナーやライター、エンジニアといった複数の役割が登場するため、どんな形でマーケティングを行っていくのか、方向性を固めたうえで予定通りに計画を進行するディレクション能力が問われます。フリーランスの場合は依頼主を納得させるだけの説得力も求められます。頭の中でイメージするだけでなく、具体的な形で説明できるような交渉力も必要になるわけです。

デザイン・クリエイティブ

Webマーケティングというとこの点をまず連想する方も多いはず、デザイン・クリエイティブ。Webサイトに限らずキャッチコピーや表現はマーケティングにおいて重要な要素です。例えば動画にしても単に有益な情報を提供するだけではだめで、最初の数秒で見る人の興味をひきつけて最後まで見せるだけの魅力が問われます。

しかもマンネリ化を嫌うのもWebの世界の特徴です。つねに新しい何か、斬新な何かが求められているため、サイトのデザインやキャンペーンではクリエイティブなアプローチが必須となります。逆にこうした企画での独自性や専門性といった部分こそ、フリーランスが活躍できる理由とも言えるでしょう。実績のある人材ならあちこちの企業から声がかかるからです。

データの収集・分析

地道ながら重要なのがデータの収集・分析です。Webマーケティングに関する案件・仕事内容で触れたように顧客やアクセスなどのデータの収集・分析はマーケティングの精度を高めるうえで無くてはならないものです。広告や施策の仮説検証や効果測定に加え、ターゲットにした客層ごとの反応率や購買履歴、サイト訪問への頻度など様々な数値や指標を分析して、次のアクションへとつなげていきます。効果的なマーケティングにはクリエイティブな感性だけでなく客観的なデータ分析も欠かせないのです。

コミュニケーション力

フリーランスとして活躍していく以上、コミュニケーション能力は欠かせません。ディレクションにしても、コミュニケーション能力がなければ雇い主や一緒に働くスタッフを納得させることはできないでしょう。また自分のスキルを売り込む営業力とも直接かかわってきます。

プログラミング

プログラミングは専門職が担当することが多いですが、規模の小さなプロジェクトや中小企業からの依頼の場合はWebマーケティング職が担当することもあります。高度に専門的な知識は必要ありませんが、基礎的なプログラミングの知識が求められることが多いのです。プロジェクトの推進の際にプログラマと意見調整を行っていくうえでもこの知識は役立ちます。

Webマーケティングの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報が集まるサイトです。案件の紹介を希望する場合、まずは無料登録をお願します。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えの方や、正社員の副業についてもサポートします。

未経験からAI・人工知能の案件に参画する方法

未経験可の求人に応募する

人工知能(AI)の実務未経験の場合でも参画できる案件に応募し、面談にて条件が確定すれば未経験から案件に参画することができます。エンジニアやITコンサルタント、データ分析職でのご経験が1年以上の場合はぜひご相談ください。

機械学習の講座を受講してスキルアップする

実務経験が少ない場合は、弊社の提供する機械学習・ディープラーニングの講座を受講してから案件に参画することも可能です。 詳細については、お問い合わせください。

ビッグデータナビが選ばれる理由

AI、IoTなど最先端分野に特化したエージェントだから紹介できるエンジニア求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能やIoT/RPAなどAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

Webマーケターの年収

年収は就業環境によって大きく異なってきます。これまで何度か触れてきたように需要が増加し、斬新なアイデアを持ったWebマーケターはあちこちから引っ張りだこになる傾向があるため、1000万円を超える収入を得られるケースも見られます。一方でデータ収集やSEOなど地道な作業が求められる案件をメインに担当している場合には年収400万円程度のケースもあります。

また、子育てをしながら仕事を続けるためにフリーランスを選ぶケースも多く、年収の低さが必ずしも環境の悪さを意味しない面もあります。キャリアを継続しやすいという簡単からもWebマーケティング職を評価していく必要がありそうです。

正社員の平均年収

Webマーケティングは新しい分野のため、全体的な年齢が若く全体平均と比べると年収は低めです。未経験や新卒入社で300~500万円が相場でしょう。管理職やマネージャーなどの中堅になると年収は500~800万円程度です。外資系や大手企業ではさらに高い年収水準が期待できます。マーケターは正社員の環境で経験を積んだ後にフリーランスとして独立するケースが多く見られます。

フリーランス案件の単価相場

Webマーケティングのフリーランスは、仕事内容が多彩なだけに単価もさまざまです。Webデザインやアクセス解析、SEOの場合は30から50万円程度の案件が多いです。新規事業やプロジェクト全体を統括する重要な役割を担う場合には100万円を超えることも珍しくありません。

Webマーケティングのツール

Webマーケティングの仕事を行うためにはいくつかのツールを駆使する必要もあります。とくにフリーランスの場合は最低限のツールを使いこなせる柔軟性を備えていないといざ依頼が来ても対応できないといったことになりかねません。

MAツール

MAツール(マーケティングオートメーション)は、法人向けのマーケティング業務を大幅に簡略化するうえで非常に役立つツールです。新規顧客の開拓はもちろん、既存の顧客への売り込みなどを容易に行うことができます。顧客や販売実績のデータを駆使してこれまで営業の分野で膨大な時間をかけていた作業を短時間で行うことができます。当初はおもにBtoBで利用されたMAツールですが、最近ではBtoCでも利用が拡大しており、Webマーケティング職としてうまく活用できるだけのスキルが問われるでしょう。

アクセス解析ツール

アクセス解析の仕事で必要になるのがアクセス解析ツールです。Google Analyticsを活用する現場は多いですが、案件によっては、より精度高く、詳細な解析ができるAdobe Analyticsなどのツールを利用することもあります。現在では非常に精度の高いアクセス解析ツールが発売されており、有効に活用することでターゲティングや集客を効率よく行っていくことができます。

ABテストツール

デザイン・クリエイティブの能力が求められるWebマーケティングですが、そうしたデザイン力も目的となる成果を達成できてこそ意味があります。それを判断するのがABテストツールです。ABテストでは、異なる2つのパターンのWebページを用意したうえでどちらが良いCVRやCTRの結果を得ることができるかを判定します。Webデザインにおいては最初からひとつのパターンだけを作成するのではなく、複数の案を用意したうえで最終的に成果が期待できるデザインやレイアウトを選択することが多く、このツールはその選択の際に活用されます。

Webマーケティング案件の最新動向、将来性

将来性という点では非常に恵まれている一方、より業務が専門化、細分化している傾向も見られます。大きなプロジェクトを担う人気のWebマーケターがいる一方、特定の分野で活躍しているスペシャリストもいる。こうしてマーケティング担当者の仕事も細分化が進みつつあるのが現在の動向です。

SNS広告/ソーシャルメディアマーケティング

まず現在のトレンドとしてSNS広告やSNSアカウント運用などのソーシャルメディアマーケティングがあげられます。単にSNSを活用して消費者に情報を提供するだけでなく、多くの人たちの目に触れて、関心を持ってもらう。拡散性に優れたSNSならではの手法が問われます。SNSの場合は企業の側が情報を発信するだけでなく、フォロワーが拡散することでファンがマーケティングに参加する面も持ち合わせています。こうした多くの人をうまく「巻き込む」ような手法が求められているのです。

コンテンツマーケティング

上記のSNSマーケティングとも密接にかかわる手法がコンテンツマーケティングです。ブログなどのオウンドメディアへの記事投稿や動画制作などのコンテンツを通して、製品やサービスの魅力をつたえたり、見込み顧客を発掘しあらたな接点をつくることに貢献します。記事更新などの着実な作業の実行と斬新な発想という相反する要素が求められるのがコンテンツマーケティングです。どれだけ魅力的なコンテンツを作ることができるか。よいものが作れればコンテンツそのものが注目の的になるのでマーケティングの効果を大幅に高めることができるでしょう。

動画マーケティング

そして動画マーケティング。YouTuberが人気の職業となり、InstagramやSnapChatなどあらたな動画投稿サービスも生まれています。エンタメのほか料理やアウトドアなど消費者向きサービスでは、Webサイトよりも動画向きのコンテンツは多くあり、先ほども触れましたが有益な情報を提供する動画を作るだけでなくパッと見ただけで興味を引き付けられるような内容が求められます。こちらもデザイン力やクリエイティブなセンスが問われる領域です。

こうしてみるとこれからのWebマーケティングの仕事はますます創造力や独自性が求められつつあるとも言えそうです。

フリーランス市場でWebマーケターの需要は今後どうなる?

フリーランス市場での求人案件は確実に増加しているほか、募集元企業の業種業態も幅広くなっています。擁するにいろいろな企業から業務委託で契約して働くフリーランスや副業のプロフェッショナルが求められようになっているのです。Webマーケティングの職業においてもこの傾向は同様でしょう。

理由として考えられるのは、まずWebマーケティングそのものに対して企業需要の増加です。マーケティングとクリエイティブの両方の観点やスキルが必要なこの職業はなかなか正社員として確保できる人材が少なく、フリーランスで活躍できる人材が歓迎されている状況なのです。クライアントワークを通して経験を積めるという側面もあり、フリーランスの形でさまざまな業種で経験を積んでから正社員として活躍する人材も増えています。

また優れた人材があちこちから求められている面もあります。「売れるWebサイト」をいかにして作るかが企業の業績やイメージづくりに決定的とも言える影響を及ぼすようになっている現在において、優れたWebマーケティングの手腕はどの企業も喉から手が出るほど欲しいものです。しかし結果を出せるWebマーケティング職の数は限られているのが実情ですから、幅広い業種の多くの企業から引っ張りだこになっているのです。

ほかにもIT業界では雇用関係の多様化がすすみエンジニアやコンサルタントを中心にフリーランスで活躍する人が増えている点もフリーランス市場が活況を呈している理由として挙げられるでしょう。

その他のフリーランス案件特集

簡単30秒 無料サポート登録