クラウドエンジニアの求人案件

クラウドエンジニアの求人案件

AWS、GCP、Azureなどクラウド環境を利用した開発案件のニーズが拡大するなか、サーバーやネットワーク、データベースなどインフラ技術に精通し、開発スキルを備えた「クラウドエンジニア」の求人需要も高まる一方です。インフラエンジニアのフリーランスが人材価値を高めるという点でもクラウドの案件は注目です。

この特集では、クラウドエンジニアのフリーランス求人動向から始めて、案件への参画に求められるスキル、仕事内容、需要や年収、役立つ資格、さらにその将来性まで詳しく見ていきます。

案件について相談する(無料)

クラウドエンジニアのフリーランス求人動向

クラウドエンジニアのフリーランス求人動向は、案件が増加しているだけでなく多様化していると言えるでしょう。新規にクラウドサーバーを導入する企業が増えているだけでなく、稼働中のシステムをオンプレミス環境からクラウド環境に移行するなど社会全体でクラウドシステムの利用が求められている状況です。インフラ系エンジニアの需要が増加するのは当然のこととして、フリーランスや業務委託の形で人員を調達する傾向も強まっているからです。

どうしてフリーランスが注目されるのか?その理由はクラウド環境を構築していく作業やツールに慣れた人材が社内に不足しており、社内外にかかわりなくサーバーやネットワーク、開発などのスキルを保有する技術者が求められているからです。

クラウドエンジニアの求人案件

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容にはまず先ほど挙げたようにクラウドシステムの種類の選定やネットワーク環境の構築、データベースなどの保守・管理がおもになります。導入しやすい一方で保守・管理が重要になるのがクラウドの特徴です。データを手軽に出し入れできる分、キャパシティの管理なども求められるようになります。

ITインフラ設計

クラウドエンジニアの仕事で、まず基本中の基本となるのがITインフラ設計です。自前でネットワークやサーバーを用意していたオンプレミス環境からクラウドへと移行する業務が求められることもありますし、新たなクラウド環境の設計が主な業務になることもあります。

ITインフラ実装、テスト

それから設計したITインフラが問題なく稼動するよう実装・テストする作業があります。必要に応じて設定を行ったうえで実際に設計どおりに動くかどうかを確認します。単に稼動するだけでなく、クライアントのニーズにあった環境で使えるか、また万一トラブルが起こってしまったときにどれだけうまく修復できるかといったテストも行われます。

運用、保守

繰り返しになりますが、クラウドシステムの推進によってエンジニアには保守・運用の役割が重視される傾向が見られます。キャパシティ管理や障害管理など自動化できる部分もありますが、定期的に稼働状況を確認し、データの容量や通信状況に合わせてインフラ設計を再検討するなどの業務が求められるでしょう。

主要なクラウドサービス

現在さまざまなクラウドサービスが登場し、それぞれ個性や魅力をアピールしています。その中からどのサービスが自社にとって適しているのか、サービスの内容だけでなくサポート面の充実なども意識したうえで選んでいくことになります。

AWS(Amazon Web Services)

現在世界で積極的に事業展開を行っているクラウドサービスの中でもとくに豊富な実績を誇っているのが、AWS(Amazon Web Services)です。その名称からも推測できるようにAmazon社が提供しているサービスです。世界20の地域でサービスが提供されており、日本では東京と大阪に拠点を設けています。現在でも世界規模で積極的な事業展開を行っており、豊富な実績に新たなノウハウを積み重ねることで今後ますますの質の向上が予想されます。

とくにサービス系のアプリケーションやデータ分析などの分野で強みを持っていると評価されており、はじめてクラウドサービスの利用を検討している会社にも適しています。

GCP(Google Cloud Platform)

Amazonに対してGoogleが提供しているクラウドサービスがGCPです。世界18の地域に拠点を設け、200以上の国と地域でサービスを提供しています。すでに東京に3つの拠点があるなど国内でも積極的な事業展開を行っています。

特徴として挙げられるのは、Googleが提供しているサービスを活かしたインフラ環境を利用できる点です。GoogleマップやGmailなどで利用しているプラットフォームと同等のインフラを活用しているため、安定性・高速性などに優れています。

Microsoft Azure

マイクロソフトが提供しているのがMicrosoft Azureです。何といってもビジネスには欠かせないマイクロソフト製品との相性がよいシステムを構築できるのが大きな特徴です。また既存のオンプレミス環境からクラウド環境へ移行しやすく、コスト・時間ともに負担がかからない面も魅力です。ほかにもActive Directoryとの連携に優れており、すでにこれを導入している企業はさらにメリットが大きくなります。

クラウドエンジニアの年収

需要が増すことが予想されているクラウドエンジニアですが、実際のところどの程度の年収となっているのか?国内での平均年収では570~590万円程度という数字があります。エンジニア全体に比べても比較的高い水準にあると評価できるでしょう。

ただ注意したいのはこれはあくまで平均の数字であって、フリーランスの場合はとくに高収入を得られる人とそうでない人との差が出やすい傾向があると考えられています。例えば年収の分布で見れば600万~670万円程度がもっとも多いにも関わらず、平均年収はそれよりも低い水準となっています。これはずっと低い収入に甘んじているクラウドエンジニアも少なくないことを意味しており、スキルやキャリアの有無はもちろん、自分の能力をきちんと評価され、安定した環境で働けるかどうかでも年収が大きく変わってくることを示唆しています。

クラウドエンジニアの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、機械学習・深層学習・IoTといった先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上保有するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えのエンジニアや、正社員の副業もサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

AI、IoTなど最先端分野に特化したエージェントだから紹介できるエンジニア求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能やIoT/RPAなどAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

クラウドとは

クラウドとは、インターネットなどのネットワークを通してユーザーにサービスを提供する形態のことです。コンピューティング、データベース、ストレージ、アプリケーションなどのITリソースを必要なときに、必要な量だけ利用するという考え方が支持され様々な分野で利用が進んでいます。

クラウドを利用するメリットは、ハードウェアやソフトウェア購入に関する初期投資を抑えられる、環境構築の時間を短縮できる、メンテナンスや管理が不要といった点があげられます。一方で、サーバーの安定性やセキュリティ上のリスクは、デメリットとされています。

クラウドコンピューティングは、物理サーバーに複数台のサーバーを仮想的に立てることができる仮想化技術により成り立っています。そのような仮想サーバーは、データセンターの集約にもつながる技術です。

IaaS

そんなクラウドのシステム・サービスのひとつがIaaS(イアース)です。これは「Infrastructure as a Service」の頭文字をとったもので、仮想サーバーなど従来の情報システムの稼動に用いていたインフラをネットワーク上のサービスで利用できるサービスのことを言います。非常に自由度が高いのが特徴で、自分たちが利用するハードウェアのスペックやOSを自由に選ぶことができるため導入しやすい面を持ち合わせています。

PaaS

一方PaaS(パース)とは「Platform as a Service」の略称、こちらはアプリケーションソフトが稼動するためのデータベース、プログラムなどを提供するサービスのことです。アプリケーションが稼動するために必要なハードウェアやOSを開発したうえで大規模なデータを扱える環境にしやすいのが特徴です。エンジニアの観点から見ると特定の設計に基づいたうえで開発することになるため、効率がよい一方で自由とがやや低い面もあります。

クラウドが影響を与える職種

クラウド環境が普及することによって影響を受ける職種としてインフラエンジニアがあります。これまでサーバーやソフトウェア、ハードウェアといった社内ネットワーク・データベースといったインフラ整備の業務を行っていたエンジニアはそうした環境がクラウドシステムに切り替えられていくことで、業務上の変化は避けられないでしょう。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバー技術に特化したエンジニアです。サーバーの役割や機能をどのようにするかを考え、アプリケーションなどを組み込み、サーバーを設置したり管理することが仕事内容になります。クラウドサーバーの利用が増加しているため、新規構築の仕事は今後減少していくかもしれません。

しかしながら、クラウドサーバーの利用が増えたとしても、セキュリティの観点などから自社サーバーの需要が完全になくなることはないと思われます。保守・運用業務に関しては今後も続いていくでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築をおこなうエンジニアです。どのような回線を利用し環境を構築していくのかなどを考え、運用や監視業務も仕事に含まれます。ハードウェアや物理機器にふれることも多い職種です。規模によって役割ごとに複数の担当が現場で協力する場合もあるでしょう。

ネットワークエンジニアの業務でもクラウド技術への対応は必要になっています。今後は、複数の環境でいかに効率よくネットワークを稼動し、社内全体の業務の効率化に役立てることができるかが問われるでしょう。

データベースエンジニア

データベースの設計・構築やチューニングなどを行う専門技術を持つエンジニアがデータベースエンジニアです。

データベースエンジニアについてもクラウドシステムにデータを保管する形になるため従来のように自社のデータベースの管理よりもクラウド環境においてデータをどう迅速に扱うことができるかを重視した環境づくりが求められます。

クラウドエンジニアに必要なスキル

クラウドという新しいシステムの設計・実装を手がける仕事だけに従来のエンジニアとしてのスキルはもちろん、プラスアルファの知識・スキルが求められるのも大きな特徴です。

技術力

当然のことながらもっとも重要なのはソフトウェアエンジニアとしての技術力です。利用するクラウドサービスに関連した知識はもちろんのこと、オンプレミスからクラウドへの移行、インフラの整備、効率アップのための自動化などのスキルが問われます。コストや効率化といったクラウドの利点を最大限に活かすための技術が問われます。

設計力

設計力に関してはクラウドサービスを自社に相応しい環境にカスタマイズする際に問われます。また導入後の運用・保守を意識した設計を行うなど、長期的な稼動環境を意識できる知識・スキルも欠かせないでしょう。

クラウドの知識

そしてクラウドに関連する知識。先ほど触れたようにクラウドサービスだけをとっても複数の選択肢があり、どれを選択した場合でも問題なくこなせることが求められますし、現在でも日進月歩で技術の進歩とサービスの向上が行われている世界ですから、最新の情報・動向を踏まえそれを取り入られる柔軟性・応用力なども問われるでしょう。データベースの活用や情報の共有化など、会社ごとにメインに活用するクラウドの利点を引き出せるためにも広く深い知識が問われます。

クラウドエンジニアに役立つ資格

クラウドエンジニアになるためにとくに必須の資格はありませんが、就職・転職の際に役立つ資格がいくつかあります。先ほど挙げたクラウドサービスを提供している会社と関連がある資格も多いので選ぶ際にはどのクラウドサービスをメインに手がけるつもりなのかも意識する必要がありそうです。

AWS認定ソリューションアーキテクト

これはAmazonが提供するAWSに関連した専門知識を備えていることを認定する資格です。初級に該当する「認定クラウドプラクティショナー」、中級の「アソシエイト」、上級の「プロフェッショナル」の3段階があるほか、システムオペレーションなど細かい分野にも分けられているのが特徴です。

GCP-Google Cloud Certified

こちらはGoogleが提供しているGCPに関連した専門知識を認定するための資格です。設計・開発・運用・管理のスキルをー認定するものです。資格には「アソシエイト クラウド エンジニア」、「プロフェッショナル クラウド アーチテクト」「プロフェッショナル データ エンジニア」の3種類が用意されています。

MCSA・MCSE

これはマイクロスソフトが認定している資格で、この2つはまとめてマイクロソフト認定プロフェッショナル(Microsoft Certification Professional)と呼ばれます。つまりMCPの資格を取得する際にこれらの資格が選択肢として用意されるわけです。MCSAとは「マイクロソフトソリューションアソシエイト」、MCSEとは「マイクロソフト認定ソリューションエンジニア」の略称です。

クラウドエンジニアの将来性

需要が増すという観点から見れば、間違いなくクラウドエンジニアの将来性は恵まれていると言えるでしょう。ただ逆に言えば現在システムエンジニアやデータエンジニアなどの分野で活躍しているエンジニアは今後クラウドシステムの普及に合わせてクラウドエンジニアへの転身を視野に入れなければならないなど、好む好まないを問わずこの職種を目指していく必要が出てくる面もあります。

またこれからますますクラウドシステムの進歩・成熟が進んでいくことが予想されるため、需要が高まる一方で将来性が未知数という面もあります。今後どのようなクラウド環境が変化していくのか、そのなかでエンジニアがどのような役割を求められることになるのか、将来のビジョンを予測するのが難しいのです。

現在のクラウドサービスはこれまで挙げてきたようにすでにネットワークの分野で大きな実績を挙げている大企業が提供しているものですが、今後の市場の動向によっては新興のサービスが急速に台頭してくるケースも十分に予想できます。こうした業界全体の勢力地図の変化がクラウドエンジニアの需要や雇用環境なども影響を及ぼすことになるでしょう。

さらに冒頭でも触れたようにクラウドエンジニアの仕事は、在宅でも行いやすいなどフリーランスの環境で働ける面を備えています。企業にとってもコスト削減の観点からフリーランスのエンジニアを積極的に活用するようになることが予想できるため、多様な働き方で活躍できる余地が出てくることも期待できます。

その一方で年収の部分で触れたように働く環境や雇用環境によって収入に格差が生じやすく、働きやすい環境と収入のバランスをどうとっていくのかも今後のクラウドエンジニアの重要なテーマになりそうです。

その他のフリーランス案件特集

簡単30秒 無料サポート登録