Scala案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Scala案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Scalaは、先端分野や最新技術での応用がしやすく国内でもWebサービスの開発などで利用が普及しているプログラミング言語です。Javaの豊富なフレームワークも利用できます。分散処理やAI案件などで企業からの需要も増えており、エンジニア・プログラマーの方で、Scalaのフリーランス求人案件をお探しの方も多いのではないでしょうか。

今回の特集では、「Scalaのフリーランス求人動向」を中心に「Scala案件の種類」「必要なスキル」「年収・単価アップの方法」について紹介します。

案件について相談する(無料)

Scala案件のフリーランス求人動向

Scala関連の案件は、全体的に大規模開発、最新技術が多い傾向にあります。それだけ大企業もしくは新進ベンチャーからの発注の割合が高いものとなっています。特にスキルを証明するための資格があるわけではありませんので、実務経験があるScalaエンジニアを求めているのがフリーランス求人の特徴です。トレンドとしてAIやグローバルシステムの開発が多いと言えるでしょう。

Scalaのおすすめ求人案件

Scala案件は最新技術・高スキル傾向

Scalaは、学習コストが高いプログラミング言語ともされていて、突き詰めるとかなり奥の深い言語です。その分、Scalaでできることはかなり大きく、最新技術の開発にもってこいです。実際に、世界中で利用されているSNSシステムや、AIの開発などにも使用されていて、その設計の自由度の高さとレベルの高さが証明されています。

コマンドの応用度が高いので、従来のシステムではなかなかできなかったような動作を作っていけるのがScalaの魅力です。AIの分野など、学習に大量のデータが必要だったり、コンピュータでの複雑な計算処理が必要となる案件ではScalaの対応力の強さを十分に生かせる点がメリットとなっています。そのため、求人の傾向としても高スキルな人材を求める傾向にあります。

Scalaフリーランス求人の傾向

Scalaを使えるエンジニアは日本ではまだそう多くはありません。企業が求めるスキル要件を満たせば、フリーランスとして働く場合の案件単価も他のプログラミング言語と比べ高くなる傾向にあります。また、実務経験1年程度であっても、プロジェクトに参加した実績があれば良いという案件も多く、優遇されているのが分かります。外資系企業からの求人もありますので、幅広い活躍の機会があります。

国内での利用状況・Scalaを使用する企業

Scalaはアメリカと一部のヨーロッパで開発に使用されることが多いですが、国内でも利用が広がっています。たとえば、サイバーエージェントではスマホ広告などの広告管理のシステム開発にScalaを採用しています。技術力が高い企業での使用が増えていて、これからさらに広がっていくと見られています。また、NECビッグローブのアプリシステムにも使用されているなど、アプリ、ネットワーク系での使用が広がる兆しを見せています。

Scala案件の種類

Scalaは、上記のように複雑かつ高度な技術や機器に対応できる力を持ったプログラミング言語です。そのため、より大規模な開発、最新技術を使用するシステムに用いられることが多くなっています。逆に、シンプルなシステム開発などでは、コストがかかってしまうということもあって、それほど利用されているわけではありません。

ITシステム開発

ソフトウェアやアプリケーションなどIT分野でのシステム開発は、どのプログラミング言語でも主流の案件となっています。しかし、Scalaの場合は全体的にかなり大規模なシステムのために使用されることが多くなっています。高度な機能を持たせるもの、たとえばSNSネットワークの構築や金融関係のシステム、研究用のビッグデータを利用したシステムなどがその例です。フリーランスエンジニアの場合は、週5日などで企業に常駐して稼働するプロジェクトが多くなる傾向が見られます。もしくは、プロジェクト指向の利点を生かして、システムの一部のみを開発会社から下請けとして受けるという案件も見られます。

Web開発

ScalaによるWeb開発も盛んに行われています。全体的なシェアとしてはそう多くはありませんが、Scalaエンジニアの求人は安定して見られます。ECサイトやサービス提供サイトなど、より多くのアクセスを同時にさばけるもの、高度な機能を要するサイト、セキュリティーの高さが求められるサイトなどに使用されることが多くなっています。システム開発と同じように、Web全体を一人のフリーエンジニアに委託するというよりも、開発の一部や開発メンバーの不足を補う存在としてフリーランス求人の募集を行うケースがほとんどです。単価は通常のWeb制作よりも高めで、数倍の報酬が提示されることも珍しくありません。その分、技術者としてより高度なスキルが求められているのは言うまでもありません。

ソーシャルゲーム開発

ソーシャルゲームは近年かなり高度化しているため、その動きに対応するべくScalaを用いた開発も進んでいます。国内ゲームメーカーではそれほどではありませんが、アメリカ市場ではScalaの割合が高まっています。そのため、外資系からの発注が多く見られるようになっています。英語での読解力をもとめられる案件も多いので、この分野での仕事を請け負いたいのであれば、語学力があると強いでしょう。その分、報酬相場は高く月間換算で60万円から80万円というのが一般的です。ゲームの種類や案件によって求められるスキルセットが異なりますので、自分の得意分野かどうかを見ることも大事です。

Scala案件のフリーランス単価相場

Scalaは急速にニーズが高まっている分野です。一方で自由にScalaを扱えるエンジニアはそう多くなく、必然的に単価相場が上がっている状況です。プログラミング言語別の年収でもトップクラスに入っています。平均的な相場としては、月単位で50万円以上を見込めることも多く、内容によっては単価が100万円以上となることもあります。やはり、AIなど最新技術の構築や大規模な分散処理など、その分野で高度なスキルを持っている人が少ない案件では、より単価相場が高くなっています。

Scalaエンジニアが求められるスキル

Scalaのスキルを示す資格はまだありません。そのため、スキル証明のためには実務経験があるかどうかというのが一番のポイントとなります。そのため、フリーエンジニアとして案件を得るためには、どんなプロジェクトに参加したか、何年くらい扱い経験があるかということをアピールするのが大事になってきます。

Javaの開発経験

ScalaはJavaとの互換性が高いのが特徴ですし、そもそもJVM上で動かすものです。そのため、やはりJavaの開発経験があるというのは大きな武器となります。とはいえ、これは必須スキルではなく、Scalaが扱えれば十分としている応募条件がほとんどです。

関数型言語の理解

Scalaの大きな特性としては、オブジェクト指向と関数処理を同時に行えるという点です。そのため、関数処理を必要とする機能を実装するプログラムに使われることが多くなっています。こうしたことから、やはり関数型の言語についての理解があった方が、仕事がしやすくなります。

フレームワーク・ライブラリ

Scalaはかなり大規模なシステムに使われることが多い状況です。そのため、フレームワークの使用が多くなりますし、Javaライブラリからの参照をして業務を効率化することが半ば必須となっています。Scalaを学習する上では、どちらも必ず学ぶ点となりますので、実際の開発に使えるようにしておくことが重要です。

Scala案件でさらに年収を上げるポイント

現在でもScalaエンジニアは高い年収を得ることができますが、さらに将来を見越してスキルを伸ばしていくことは大事です。

サーバーサイド開発の経験

大規模なWebサービス、ECサイトなどの開発で徐々にScalaが利用されるようになっています。そのため、ITシステムの開発だけでなく、Web系やオンラインゲームなどでサーバーサイドやインフラなどの開発経験があると、フリーランスとして参画できる案件の幅がひろがり単価の交渉や年収をあげやすくなります。

現在のところ、それほどゲーム関連ではScalaの割合は高くありませんが、より複雑な動きが求められるようになっており、今後Scala案件が増える可能性があります。ゲーム開発は、他の分野とはちょっと違うスタイルと感性が必要となりますので、今のうちの経験を積んでおくと年収アップの大きな武器となるでしょう。

ビッグデータ関連業務の経験

研究機関や大企業などで行うビッグデータ解析システムではC/C++、Javaと並びScalaが多く用いられるようになっています。高度で複雑な処理と計算をするのにもってこいだからです。かなり大きなプロジェクトとなりますので、フリーランスとして案件をもらうのは簡単ではありませんが、経験豊富なプロフェッショナル人材は重宝されます。この分野における専門スキルを持っているエンジニアはまだ少ないので、キャリアアップには最高です。

大規模開発の経験

Scalaは複雑や大がかりなシステムを構築するために用いられることが多い言語です。そのため、Scala案件はどうしても大企業から、大規模開発という形で来ます。個人での委託はまずなく、チームでのプロジェクトや、一部の業務切り出しで請け負い発注が来ます。そのため、合同開発やチーム参画の経験があると安心して任せてもらえるでしょう。

Scalaの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上保有するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えのエンジニアや、正社員の副業もサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

機械学習・AI、IoTといったデータサイエンス領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

Scalaの特徴

Scalaは、2003年にスイスの大学で開発された比較的新しいプログラミング言語です。まだそれほど歴史は経っていないのに関わらず、多くのIT企業がこの言語による開発を行うなど、急成長しているのが特徴です。しかも、世界的に用いられているサービスや、最新技術の言語として採用されることも多くなってきていて、将来性が高いというのもポイントです。Scalaは欧米でかなり浸透している言語ですが、日本ではこれからという印象が強い言語です。そのため、将来を見越してスキルを身につけたいエンジニア・プログラマーにぴったりです。

国内でScalaの開発ニーズは高いのにエンジニアは少ないという状況が生じており、フリーランス求人案件での報酬単価が相場より高い傾向にあるというのもメリットとなっています。「スタンバイ」という求人検索サイトでは、プログラミング言語別の年収をランキングにしているのですが、そこではScalaエンジニアが2位となっています。それだけ割の良い仕事ができるスキルだと言えるでしょう。

JVM上で動作し、Javaをシームレスに利用できる

Scalaの大きな特徴としては、JVM上で動くという点です。JVMとはプログラミング言語のベースとも言えるJavaを読み取って、実際の動作とするシステムのことです。つまり、ScalaはJavaが動かせる環境にあれば、ほぼ同じように動作するということです。これは、世界中のシステムにおける汎用性が高いということを示しています。WindowsであれMacOSであれ、携帯端末であったとしてもJVMが入っていれば動きますので、かなり広い範囲で利用できることになります。

そして、このメリットはJavaのライブラリを使えるという特徴も生み出しています。ライブラリとはそのまま実装できる状態になっているパッケージのようなもので、新たに機能を開発しなくても既存のプログラムを転用できるというメリットがあります。Javaは開発が進められてから相当の年数が経っていますので、ライブラリとして蓄積されているソースコードの量もかなりのものがあります。この豊富なライブラリを開発に活用できるというJavaのメリットをScalaでも享受できるため、効率よく開発を進められることになります。このように、Scalaは幅広い範囲でプログラムを走らせることができる、ライブラリを活用できるという点で大きな利点を持っているのです。

オブジェクト指向と関数型の統合

Scalaの特徴としては、オブジェクト指向と関数処理の二つの特性を備えているというのがポイントです。オブジェクト指向とは、全体的なプログラム作成の流れの中で、ニーズに応じて細かく実装するパーツを調整していくことができるタイプで、より柔軟に開発に利用できるのがメリットです。大型プログラムの開発に向いているシステムとも言うことができて、高度な技術にも対応できるのが売りです。さらに、関数処理もできますので、より対応範囲が広がっています。両方の特徴を備えた言語というのは他にはない強みで、Scalaを用いた開発が世界中で広がっているのも納得できる点です。

非同期、並行・分散プログラミング

もう一つのScalaのメリットは、プログラミングの応用範囲が広いということです。非同期タイプはもちろんのこと、並行・分散スタイルにも対応しています。その結果、ビジネスツールから大規模解析システム、人工知能、大型のサーバーシステムを利用したコミュニケーションツールなど、利用目的を選ばない開発ができます。しかも、エラーの検出をしやすい設計にすることも容易で、より正確でバグの少ない完成品を納品できるというのも開発者にとってはうれしいところです。

Scalaの今後の動向と将来性

ここまで紹介した通り、Scalaは様々な用途で急速に利用が進んでいるプログラミング言語です。従来の開発よりも高度な実装が可能であったり、先端分野や最新技術への応用も盛んです。ただし、現在はまだまだScalaの可能性を最大限に使い切っているとは言えない状況ですので、むしろこれからの言語だとも言えます。特に日本国内では、Scalaを使う企業、言語を扱えるエンジニアが少ないので、将来性がかなりあるといえるでしょう。これからAIなどの技術がより進み、一般化するにつれてScalaの普及も加速するはずです。そのような将来をみこして、これまでJavaなどの案件に参画してきたフリーランスが今のうちにScalaのスキルと経験値を高めておくことは賢い選択と言えるでしょう。

その他のフリーランス案件特集