Java案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Java案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Javaは、基幹システムなどの大規模なIT開発で実績があるプログラミング言語です。Spring FrameworkやPlay Frameworkといった便利なフレームワークも豊富に容易されています。また、ウェブサイトやAndroidアプリなどWeb系開発や、家電/IoTといった組み込み系のプログラムでも利用される汎用性の高い言語として企業からの需要も多く、エンジニア・プログラマーの方で、Javaのフリーランス求人案件をお探しの方も多いのではないでしょうか。

今回の特集では、「Java案件のフリーランス求人動向」を中心に「Java案件の種類」「必要なスキル」「年収・単価アップの方法」について紹介します。

案件について相談する(無料)

Java案件のフリーランス求人動向

Javaは世界中の様々なITシステムやアプリケーションに採用されています。たくさんのプログラミング言語が登場していますが、最も利用されているのはJavaです。特に大企業のシステム構築に用いられているという点で、フリーランスのJavaエンジニアに対しても大きなニーズがあります。複雑な対応範囲の広いシステムを作るためには、開発人員の規模も大きくなっていきます。その上で、Javaの持つオブジェクト指向という特性は大きな力となるのです。それぞれのパーツに分けてプログラムを分担することで、たくさんのエンジニアが仕様書に沿ってコーディングを進めることができます。そうすることで、同時並行的に作業を進められてスピーディーに開発ができるのです。

大企業のシステムは、ちょっとした変更をするにしても、結構な量の修正点が出てきますので、この点でもパーツに分けてチェックやプログラム再構築ができるというのはJavaの利点となります。テストや検証、保守・運用などのフェーズでもJavaのニーズは非常に高く、安定しているのがうれしいところです。また、規模の大小を問わずJavaで開発されたシステムは数が多いため継続的にエンジニアの求人募集があり、フリーランスとして案件を獲得しやすいというのも大きなメリットとなります。さらに、世界中に需要がありますので、特殊なシステムの開発スキルがある、語学力があるなど、個人の持つスキルをより生かした仕事がしやすいというのもポイントです。

Javaのおすすめ求人案件

Java案件の種類

Javaの開発はまさにあらゆる範囲で行われています。そのため、フリーランス案件の幅はかなり広く、ほぼすべての種類に及んでいると言っても良いでしょう。それぞれのジャンルで、専門的なスキルや求められる感性が異なりますし、報酬の単価相場も違います。自分に合ったタイプの仕事を見つけて行えるという、選択肢の広さがうれしいところです。

業務システム開発

国内外でニーズが安定してあるのが、この業務システムの開発です。大企業はもとより、中小企業でも様々なシステムをスクラッチで開発することがありますので、その開発に携わることができます。会計処理や受注管理、オフィス間や社員同士のコミュニケーションツール、オンラインサービスシステムなどかなり範囲は広いものがあります。ニーズは大きいものの、この分野で働くJavaエンジニアは結構多いですし、システム開発を行う会社もかなり多くあります。若干競争が激しい分野となっていますので、割の良い仕事はスキルや実績が求められることが多くなっています。さらに、場合によっては単価が安めに設定されているものもありますので、希望する報酬を得らえるかどうかをチェックしてから仕事を請け負う必要があります。

Androidアプリ開発

Googleが提供するAndroid OSで動作するモバイルアプリは、基本的にJavaで書かれています。AndroidスマホのアプリについてKotlinでの開発も増えてきましたが、まだまだ、Javaで開発をするスマホアプリエンジニアの需要も多いです。世界中にありとあらゆる機能を持つアプリが存在し、その種類はさらに増え続けています。こうしたことから、Androidアプリ開発の仕事は安定したニーズを生み出しています。個人でもできるようなこぢんまりとした規模のアプリから、複雑なソーシャルゲームまでいろいろなタイプがあります。どんな機能のアプリなのかによっても、求められるスキルが変わってきますので、自分の得意ジャンルを作りたいものです。単価相場もそれによって変わってくる傾向にあり、単価30万円というものから80万円程度になるものまで様々です。

組み込み/IoT開発

Javaは、機器と環境を選ばないという大きな強みを持っているため、組み込みソフトウェアにも使われることが多くなっています。現在では小型で性能の良いCPUがありますので、小型の機器にもJavaを入れて動かせるようになっているという事情も関係しています。今まではC言語をもっぱら使用しようしていたというメーカーでも、Javaに移行するケースも見られますので、これからのニーズは上昇傾向にあると考えられます。家電でも、スマート家電と呼ばれるコネクト型のものが増えてきていますので、より複雑な動作と処理ができるJavaは使い道が広がることになります。さらに、自動車開発でも自動運転の技術が急速に伸びていますので、Javaの特性を生かしたシステムを用いているメーカーもあります。Javaの新しい分野とも言えますので、こうしたジャンルでのスキルを磨いていくのも良いでしょう。

Web開発

動的なWebサイトやアプリケーションを作るために用いられることが多いのがJavaです。単なる情報提供のためのサイトではなく、訪問者を飽きさせない機能を持ったサイトが必要とされていますし、サイト内で様々なサービスを提供するところも増えてきています。ショッピングサイトなどがその代表例で、機能は年々複雑になってきています。こうしたニーズに対応するためには、Javaの利用が欠かせなくなっています。フリーランス案件でもJavaによるWeb開発の仕事は多いので、もっぱらこの分野で仕事をしている人もいます。全体的に見ると、システム開発とWeb開発の二つが大きなシェアを占めると言っても良いでしょう。個人でできる仕事もありますし、チームで分担するものもありますので、好みによって仕事を選べるというのも一つのメリットです。

Java案件のフリーランス単価相場

Java案件は、かなり数も多いですし種類も豊富です。その分、単価相場も内容によって大きく変わってきます。システム開発などの場合は、対応できるエンジニアが多いという事情もあって、単価相場はちょっと低めとなっています。また、Web開発案件についても同じことが言えます。月額の単価で見ると25万円から50万円というのが多く、一般的な相場となっています。一方で、特殊な機器に用いる組み込み開発や、大企業から来るAndroidアプリ開発などは、内容によってはちょっと高めのことがあり、30万円から80万円程度で推移しています。

このように、ジャンルによって多少の報酬単価の違いがあるのですが、それぞれのプロジェクトによって差が大きいということは覚えておきましょう。機能の複雑さやライブラリへの対応度などによって単価が変わってきます。割の良い仕事の場合は、どうしても競争が激しくなる傾向にあります。そのため、受注者側としても実務経験が長い、似たようなプロジェクトに携わったことがある、スキルが高いエンジニアを選ぶために応募条件を高くしていることがあります。より良い仕事を請け負うためには、スキル向上が欠かせないと言えるでしょう。

Java案件で求められるスキル

上記のように、Java案件は全体的に数も多いですがエンジニアも多いという特徴があります。そのため、単にJavaが書けますというだけでは、良い仕事をもらうのは難しいものがあります。実績とスキルが非常に重要となってくるのです。そこで、Javaそのもののスキルを高めると同時に、専門分野での経験を積んでいくというのはとても大事です。何でもできますというのも一つの強みですが、専門性の高い仕事を請け負えるようになると、仕事がコンスタントに来るようになりますし、単価も高くなるからです。特に機械学習や自動操作などの組み込み開発は将来性が高く、まだ専門的なスキルを持つエンジニアがそう多くない状況にあります。また、複雑な動きが求められるゲームの開発をJavaでできるというのも、一つの武器となります。専門性を高めることで、より安定した案件を確保できるようになるでしょう。

Java案件でさらに年収を上げるポイント

Javaを扱えるエンジニアは比較的多いので、案件の数があっても、報酬単価が高い仕事は実績とスキルの高い人が持って行ってしまうことが多くなっています。そのため、実績を積み上げていくというのが、年収を上げるためにはどうしても欠かせない道です。まずは小さな仕事でもいいので、実務経験の年数を増やしていくことが重要です。そして、大規模開発に携われるようにチャンスを見つけましょう。たとえ開発のレベルは同じだとしても、誰もが知っているような企業やシステムの開発に携わったことがあるというのは、やはり大きなアピール材料となります。信用度もエンジニアの単価を底上げするものとなりますので、ぜひともみんなから認められるような実績を作りたいものです。また、エンジニアの仕事のなかでも設計や要件定義といった上流とされる業務経験、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといったマネジメントへのキャリアチェンジも年収アップには有効です。

もう一つのポイントとして、プログラマーとしてコードを書く仕事を続けていく場合は、最新技術に対応していくという点が重要です。Javaを使った通常のシステム開発、Web制作などは単価が頭打ちの状況です。しかし、AI技術や自動運転技術、IoT機器開発などの新しい技術の開発では、将来性が高いためより年収をアップさせるチャンスとなります。まだこうした専門性の強いジャンルでオールマイティーに働けるエンジニアはそう多くありませんので、優遇されるというのもポイントです。

Javaの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上保有するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えのエンジニアや、正社員の副業もサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

機械学習・AI、IoTといったデータサイエンス領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

Javaの特徴

Javaは1996年に、アメリカの企業であるサンマイクロシステムズが開発しリリースしたプログラミング言語です。従来あったC++などの言語のデメリットを解消して、より使いやすく対応力がある点が特徴です。Javaは世界中で最も使用されている言語となっており、そのニーズは衰えることがありません。ScalaやPythonなどの新しいプログラミング言語がいくつも開発され最新技術に用いられるようになっていますが、それらも元々はJavaの考えからできている言語です。そのため、最初にJavaを覚えておくと技術者としてつぶしがきくのはメリットといえます。

JVMで動作しOSや機器などの環境に依存しない

そもそも、Javaはプラットフォームに依存せず動作することをコンセプトに開発された言語です。Javaが登場する以前は、家電製品などのハードウェアやコンピュータのOSなどプログラムの実行環境により言語や設定を変更する必要がありました。

そのため、環境が変わっても汎用的に使用できるプログラムが求められており、それを実現する仕組みがJVM(Java Virtual Machine)です。仮想マシンやバーチャルマシンと呼ばれるJavaプログラムを実行するソフトウェアを介して、Windows、Mac、LinuxといったOSやハードウェア機器に依存しない開発をサポートしています。

オブジェクト指向で、大規模なシステム開発に向いている

Javaが世界中に広がった理由はJVMのメリットだけではありません。オブジェクト指向という特徴を持っていることにもあります。これは、一つの大きなシステムを作るにあたっては、個々の細かい機能や構造を切り出して、パーツごとに開発ができるという特徴を指します。そのため、基幹システムなど規模の大きい開発でも自社エンジニアと外部パートナーで協力して開発を行ったり、複数の開発会社で共同してシステムを組むなどが可能です。それぞれのパーツを切り分けて、パーツごとに依頼や発注ができるからです。こうして、個別のでき上がったパーツを最終的に組み合わせることで、一つの完成したシステムとなるのです。より効率よく大きなシステムを作れるというのが、Javaの良いところなのです。これはフリーエンジニアにもメリットとなります。企業に属していなくても、個人で切り出されたパーツのプログラミングを請け負うというスタイルをとれるからです。

また、何らかの修正やバージョンアップが必要となった時、システム全体を見直す必要がないというのもメリットと言えるでしょう。変更したい機能だけを切り出して、その部分のプログラミングを修正すればよいためです。適宜状況に応じて変更を行っていけるという点でもJavaは優れています。

Javaの今後の動向と将来性

Java以外の新しい言語が開発され使用されるようになっていますが、まだまだJavaの使用が下火になることはありません。むしろ、Web開発やIoTなどの分野ではさらにニーズが広がっていくこともありえます。専門性の高いエンジニアとなることで、より高度な案件にタッチするのが、Java案件では重要なポイントとなります。最新技術に対応したスキルを身につけることで、フリーランスエンジニアとして活躍する機会を増やせますので、将来を見越してこうした分野での経験を早めに身に着けていくようにしましょう。

その他のフリーランス案件特集