Ruby案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Ruby案件のフリーランス求人動向・単価相場・将来性

Ruby(ルビー)は、Webサービスやゲーム・アプリなどのサーバーサイド開発に利用されることの多いプログラミング言語です。最近ではフレームワークRuby on Rails案件などでの需要が増えています。Web系エンジニアの方で、Rubyのフリーランス求人案件をお探しの方も多いのではないでしょうか。

今回の特集では、「Ruby案件のフリーランス求人動向」を中心に「Ruby案件の特徴」「必要なスキル」「年収・単価アップの方法」について紹介します。

案件について相談する(無料)

Ruby案件のフリーランス求人動向

Rubyは、非常にシンプルな文章でプログラミングできる言語です。そのため、記述していて楽しい、気持ちよくコーディングできるという感想も多く、効率よく少ない文字数でプログラムのコードを書けるため初心者からも人気の言語の一つとなっています。しかも、初期開発の段階からオブジェクト指向の言語として作られていますので、大規模開発に向いています。こうしたことから、様々なタイプのプログラムがRubyで作られています。案件の状況にもそれが表れていて、かなり幅広いジャンルに依頼が見られます。Rubyはその特徴から、Web関連のサービスで使われることが多いのですが、その機能性がかなり高いということもあって、案件の幅は相当広めです。エンジニアそれぞれのセンスや好みを生かしやすいマーケットとも言えるでしょう。

さらに、Rubyは日本で誕生したプログラミング言語という特徴も案件動向に反映されています。現在では世界中で利用されている汎用性の高い言語ですが、やはり日本におけるニーズは高いものがあります。Rubyをマスターして活用するための資料や動画、書籍などのドキュメントが日本語で手に入れやすいということもあって、日本ではRubyの人気が高めなのです。それもあって、日本国内の企業でもRubyを利用するところが多くなっていて、企業とフリーランスの需給関係が一致している言語となっています。PHPやPerlからRubyに移行してサービス仕様を変えるなどの変更をしている企業もあり、完全なる新規開発というだけでなく、従来サービスからの移管のためにRubyエンジニアが求められることもあります。こうしたことから、一口にRuby案件と言っても、開発する案件ジャンルも多いですし、新規開発だけでなく保守管理や、改良・改善などシステム運用の仕事もあり、バリエーション豊かな求人案件を見つけることができます。

Rubyのおすすめ求人案件

Ruby案件の特徴

サーバーサイド・フロントエンド開発の案件が多い

Rubyエンジニアの求人では、サーバーサイドで動作するバックエンドの開発案件を多く見つけることができます。Webサービスの開発言語としてPHPを採用しているサービスも多いのですが、スタートアップ・ベンチャーなどを中心にRubyを使う会社も増えてきています。Rubyは学習コストが低く、効率よく作業ができるフレームワークが存在していることもあって、できるだけ短期間で開発を進めたい企業では、Rubyを用いてプロジェクトを立ち上げるケースが多くなっているのです。この分野においては、サーバー関連の知識とスキルが求められることもありますので、両方の経験を持っているエンジニアは重宝されます。

一方でフロントエンド側のシステム開発もRubyエンジニアの引き合いが多い分野です。Webアプリケーションなどの構築や新規サービスを立ち上げるにあたって最初からRubyを使っているところも多く、より複雑で高機能なサイトを導入できることを証明しています。そうした、Rubyを使う案件では、フロントエンドでもRubyを採用したい企業の案件も多くなっていて、デザイナーやフロントエンドエンジニアでRubyが使えるフリーランスの求人需要が増加しています。大規模サイトの構築に対応できたり、そのような実績があれば、大手企業のプロジェクトに参加できる機会を得ることもできます。また、こうした大きなプロジェクトでは、単価相場も高めの水準となっていますので、エンジニアにとって満足できる報酬を得られるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

スタートアップ・ベンチャーやWeb業界で需要が高まる

Rubyは比較的新しいプログラミング言語で、自由度の高い記述が可能です。そのため、自分で手を動かしてソースコードを書いていくのが好きなWeb系エンジニアやプログラマーに好まれるという特徴があります。そのため、Web・ゲーム・スマホアプリといったスタートアップ企業やベンチャー企業で好んで使われる傾向があります。それらIT企業ではエンジニアの心理をよく理解していますので、やはりエンジニアに好まれる言語を選ぶことが多いのです。また、Ruby自体も工夫次第でかなり高機能で細部までこだわりを持った機能を実装できるというポテンシャルを持っていますので、より使いやすいサービスを提供するために、Rubyを使いたいと考える企業も多いです。

また、IT業界以外でもRubyを使う流れが広がっています。従来のPHPからRubyに移行するところも出てきていて、新しい仕様に合わせようとするクライアント側からの案件がよく見られます。そのため、開発の新規案件だけでなく、移管作業の案件というのもあって、従来の仕事とはちょっと違う感覚で作業ができるのも楽しいところです。もともとRubyは使って楽しいプログラミング言語という魅力が強いものなので、どうせ仕事をするのであれば、その魅力を最大限に感じられるプロジェクトに参画してみたいエンジニアも多いでしょう。

フレームワークにRuby on Railsを使用

Rubyでの開発をさらに効率よくしてくれているのが、Ruby on Railsの存在です。Ruby on RailsとはRubyのためのフレームワークで、システムを構築するためのプラットフォームとなるものです。これをベースにしてプログラムを始めて、必要に応じて機能を実装するためのコードを増やしていったり、詳細を変更したりすることで、スピーディーにシステムを作ることができます。もともとRubyは非常にシンプルな作りでプログラムしやすいというメリットを持っていますが、Ruby on Railsを使うことでよりそれが楽になるのです。

また、Rubyはかなり自由度が高いので、エンジニアによって書き方が違うという特徴があります。エンジニア好みに書いていけるという点はいいのですが、実際のソースを見るとエンジニアごとの癖と好みが出過ぎていて、他の人が見ても理解できないということが生じるケースも少なくありません。しかし、Ruby on Railsではコードの書き方が統一されていますので、チームで働く時に非常に便利なのです。Rubyのオブジェクト指向の強さもあって、作業を切り出して個々のエンジニアに分担してもらいやすい作りが取られていますので、大規模開発を効率よく進めていけるのが大きな利点です。

Rubyは日本で誕生したプログラミング言語ですが、このRuby on Railsは海外で整備されたフレームワークです。そのため、日本国内だけでなく世界中で気軽に利用できるという特徴も備えています。フリーランス案件では国内企業はもとより、海外企業からのオファーもありますので、Ruby on Railsを使っていると仕様が分かりやすく、作業がしやすいというメリットがあります。Ruby案件はかなりグローバル化が進んでいますので、海外にも目を向けて仕事をしたい人には必須のフレームワークと言えるでしょう。

Ruby案件のフリーランス単価相場

Rubyは全体的に見ると、ベンチャー企業で使用されることが多い傾向にあります。また、比較的新しいプログラミング言語ということもあって、まだ他の言語ほど多くのエンジニアが参加していないという点もあります。こうしたことから、フリーランスの単価金額がちょっと高めとなっています。単価相場としては、月単価で35万円から75万円というところで、PHP案件などよりも1割から2割程度高めの水準です。さらに、大きめのプロジェクトが発注されることもあり、グループでの請負ができる案件も見られます。仲間とチームを組んで大きなプロジェクトに参加してみるというのも一つの手です。

Ruby案件ではタスク毎に業務の切り出しがしやすいため、たとえ大きなシステムの開発案件であってもフリーランス個人で仕事を請け負えるというメリットもあります。しかも、効率的なフレームワークが利用できるケースも多いため、仕事をスピーディーに進めていけるのがうれしいところです。経験を持ったエンジニアであれば、割の良い仕事となるものも多く、まとまった額の報酬を得られるチャンスが待っています。さらに、Rubyを使った案件では、新規開発と同時にメンテや管理の仕事が多いというのも注目したいところです。特にサーバーサイドでの作業が求められる案件では、このような管理系の仕事の割合が高くなっています。継続して仕事を続けられる好条件の案件となりますので、フリーエンジニアにとってはありがたいものです。上手に自分に合った案件を見つけて、自分のスキルと経験をいかしましょう。

Ruby案件で求められるスキル

Rubyは、自由度が高くシンプルな構造をしていますので、習得がしやすいというメリットがあります。そのため、スキルの向上もしやすく、ベースとなる技術を身につけた後、専門性を高めていくのが楽です。たとえば、スマホアプリの開発に力を入れたいのであれば、RubyMotionを使えるように勉強することができます。この機能を上手に使えば、AndroidアプリだけでなくiOSアプリも開発でき、対応できる業務の幅がぐっと広がります。また、近年スマホアプリの開発では、SwiftやKotlinといった言語が利用されますが、サーバーサイドの処理やWeb版の開発にはRubyを利用するところが増えています。それらの開発や保守・運用に関する技術は、これからのことを考えるとメリットの大きいスキルと言えるでしょう。

Rubyはサーバーサイドでのシステムを構築するために使われることが多い言語です。その分、ある程度サーバーやデータベース、ネットワークなどシステム開発に関するそもそもの知識がないと、実際の作業で困ることもあります。特に保守管理の仕事をする場合は、両方の知識と経験がないと、いろいろな事態に対応できません。もしこの分野での仕事を増やしていきたいのであれば、Rubyそのものに加えてクラウドやセキュリティ関連のスキルも蓄えておくと便利でしょう。案件に応募する時も、フルスタックに開発できるスキルがあるとより良いアピールとなりますので、条件の優れた案件を取りやすくなります。

Ruby案件でさらに年収を上げるポイント

Rubyエンジニアは他の言語を扱うエンジニアに比べ少ないとはいえ、今後増加していくでしょう。その際に、フリーランスとして明確な特徴や得意分野をもっておくと単価を上げやすく年収も増やしやすいです。RubyはスタートアップやWeb開発などで利用されるため、フルスタックエンジニアを目指すこともひとつの方法です。また、クラウドやセキュリティ、DevOpsなど新しい技術や開発手法について経験を積んでいくのもよいでしょう。また、Rubyは先進技術にも応用されることがあり、AIの開発に使われるケースもあります。こうした新しいジャンルの技術を持っている人は、他のエンジニアよりも高い報酬で仕事をすることができます。特に外資系企業からのオファーの中には、かなり割高の案件もありますので、短期間でまとまった額の報酬を得られるチャンスとなります。年収アップのためには、こうした最新技術に対応できるスキル、そして実際にそうした案件に携わったことのある経験というのが大きな武器となります。

また、Rubyは大規模開発に向いているプログラミング言語ということもあって、大きなサービスサイトの開発などに使われる機会が多くなっています。チームでの作業となるケースもあり、プロジェクトリーダーといった管理的な仕事ができるエンジニアは重宝されます。そのため、チームでの仕事に対応できるというだけでなく、プロジェクトをまとめられるスキルと実務経験があると、ぐっと報酬も上がります。年収クラスが一つアップしますので、この面でのスキルと実績を積むことを一つの目標にしてみるのも良いでしょう。

Rubyの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、先端IT人材向けの求人情報を業界最大級の800件以上保有するフリーランスエージェントです。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えのエンジニアや、正社員の副業もサポートします。

ビッグデータナビが選ばれる理由

機械学習・AI、IoTといったデータサイエンス領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内最大級のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数が国内最大級。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

Rubyの今後の動向と将来性

日本国内で誕生して、今や世界中で使用されているRubyは非常に将来性のあるプログラミング言語です。特にIT企業やベンチャー企業で好んで使われる傾向がありますので、これからさらに応用範囲が広がっていくことが考えられます。しかも、自由度がかなり高いということで、AIなどの最新技術に対応することができるのも魅力です。新しいジャンルに積極的にチャレンジすることで、フリーランスでも活躍の場をぐっと広げられるでしょう。しかも、こうした先進技術のジャンルは報酬も高いので、年収を満足のいくものにしたいという人にもぴったりです。

フレームワークなどもどんどん増えて充実していますので、さらに使いやすく複雑で高度なシステムにも対応できるようになっていきます。まだまだ伸びしろの多い言語で、これから様々な技術に利用されていることが期待されています。エンジニアとしてもスキルを高めて、新しい技術に対応できるようにしていきたいものです。そうすることで、よりRubyの魅力を知ると共に、より良い仕事を得られることにつながっていくことでしょう。

その他のフリーランス案件特集