RPAコンサルタントの求人案件

RPAコンサルタントの求人案件

昨今RPAの導入を行う企業が増加し、RPAプロジェクトを推進する人材の需要が高まっています。RPAの導入は、多くの場合にクライアント企業から業務を受託したコンサルティングファームやIT企業が主体となって進めます。その際、受託企業側で活躍する職業が「RPAコンサルタント」です。

本特集では、いま注目のRPAコンサルタントの求人情報をピックアップしてお届けします。RPA業務が未経験の方でも、ITコンサルタント・システムエンジニアとしての経験があれば参画可能な案件もあります。

案件について相談する(無料)

RPAコンサルタントの求人動向

PRAを利用したソリューションや、RPAの導入数が堅調に推移しているため、導入を推進する役割である「RPAコンサルタント」の求人も増加傾向にあります。コンサルティングファームのほか、RPA専門のスタートアップやベンチャー企業からの引き合いも増えています。

求人に関する傾向として、RPAの適用対象である特定業務についてドメイン知識を持つ人材や特定のRPAツールに習熟しているなど、専門分野を持つスペシャリストへのニーズが高まっています。

RPAコンサルタントの仕事内容

RPAコンサルタントの主な仕事は、導入決定までの意思決定をサポートする提案・導入のコンサルティング業務を中心に、プロジェクト管理、運用改善などがあります。

導入コンサルティング

RPA導入に関する提案や導入決定後の要件定義などを行います。導入によるコスト削減効果の試算や導入後の業務フローの作成のため、クライアントへのヒアリングを通して業務の全体像を把握した後、詳細な観察を行い業務の細部についても理解します。

要件定義においては、クライアント要望や実際の仕事内容、改善後の業務フローをチャートや線表などで見える化したうえで、ツール選定や追加開発が必要な機能の選別を行います。

プロジェクト管理

RPA導入時のプロジェクト管理や推進もRPAコンサルタントの仕事です。RPAを導入して業務効率化を実現するために、必要な作業工程の洗い出しや無理のないスケジュールをたて、プロジェクトの成功に向けた進捗管理を行います。

RPAの導入では、概念実証と呼ばれるPoCやテスト導入の期間を設けることも多く、いつまでにどの準備が必要かを綿密に計画し、作業の漏れや遅れが発生しないように計画します。必要に応じてトラブル対応なども行います。

運用改善

案件によっては、RPAを導入済みのクライアントを担当することもあります。その場合にも、最初はヒアリングを通して、現在の利用状況や業務内容について把握します。RPAの適用箇所を拡大する場合もあれば、運用や実作業の課題点をあらいだして、マニュアルの整備や研修などを通して業務改善を行うこともあります。

RPAコンサルタントに必要な知識・能力

RPAコンサルタントには、ITやシステム開発全般の知識が必要です。そのほか、コンサルタントとして、プロジェクトマネジメントやコミュニケーションスキルも必要です。ただし、RPA実務に精通した人材はまだまだ少ないという状況もあり、RPAの経験がない未経験枠の募集もあります。

システム設計やIT開発のスキル・知識

RPAコンサルタントには、RPA導入プロジェクトの要件定義やシステム設計を行う知識、スキルが必要です。そのため、ITコンサルタントやPG・PLなど上流業務での経験を活かすことができます。また、RPA業務が未経験の場合でも、システムエンジニアとして、設計・開発、検証、保守・運用という一連の業務経験やコンサルタント経験があれば、フリーランスとして参画可能な案件もあります。

コンサルティング・BPRに関するスキル

クライアント企業への提案やプレゼンテーションなどコンサルティングに関するスキルも必要です。また、RPAはバックオフィス業務の改善にもちいられることが多く、BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)やBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)と関連性が深い分野です。そのため、BPRに付随する知識や経験を必要とするプロジェクトもあります。

RPAの経験・知識

案件によっては、PRAロボットの開発知識や特定のRPAツールに関する経験を求められる場合もあります。実際に手を動かして開発を行うのはエンジニアです。そのため、RPAプロジェクトへの参画経験があればコンサルタント業務に対応できますが、ツール選定や業務フローの構築にはRPAへの理解が必須になることは押さえておきましょう。

RPAコンサルタントのおすすめ求人

RPAコンサルタントの年収相場・求人状況

RPAコンサルタントの収入相場は、他のITコンサルタントと同様です。求人では、年収1,000万円を超える給与での募集も少なくありません。コンサルティングファームやSIerやソフトウェアハウス、RPAベンダーなどの案件を受託する企業からの引き合いが多くあります。

フリーランスの場合も、月の単価が100万円を超える求人が多数あり、週5日常駐が可能な場合は高い年収が期待できます。

RPAコンサルタントの求人案件を探すならエージェントに登録

ビッグデータナビは、人工知能(AI)・機械学習・深層学習など先端IT人材向けの求人情報が業界最大級の規模で集まるサイトです。案件の紹介を希望する場合、まずは無料登録をお願します。フリーランス(個人事業主)の方以外に、独立・起業をお考えの方や、正社員の副業についてもサポートします。

未経験からRPAコンサルタントの案件に参画する方法

未経験可の求人に応募する

RPAコンサルタントの実務未経験の場合でも参画できる案件に応募し、面談にて条件が確定すれば未経験から案件に参画することができます。システムエンジニアやITコンサルタント、PMOなどでのご経験が1年以上の場合はぜひご相談ください。

教育講座を受講してスキルアップする

実務経験が少ない場合は、弊社の提供する教育講座を受講してから案件に参画することも可能です。
詳細については、お問い合わせください。

ビッグデータナビが選ばれる理由

AI、RPA、IoTといった先端領域に特化したエージェントだから紹介できる求人案件で高単価や柔軟な働き方を支援します。

国内唯一のAI開発・データ分析案件専門サイト

AI開発・データ分析保有案件数は国内最大。大手企業からスタートアップ・ベンチャーまで、業種/業界を問わず魅力的な案件をご紹介。 数多くの案件の中から、ご希望にマッチした案件を選ぶことができます。

未経験でも経験者でも更なる高みを目指せる案件をご紹介

フリーランスとして独立や、AI領域でのキャリアをお考えの方に、未経験でも参画可能かつスキルアップにつながる案件をご紹介。 経験者の方は、より高単価など自由度高くご活躍頂ける案件をお選びいただけます。

業界に詳しいコンサルタントが担当

人工知能や機械学習、深層学習などAI領域に詳しいコンサルタントがカウンセリング面談を担当します。エンジニアのほかアナリスト、マーケターも多く所属しているため適切なスキル把握とサポートが可能です。

案件について相談する(無料)

まとめ

今回の求人特集では、RPAコンサルタントの求人動向やフリーランス案件の探し方について紹介しました。RPAのビジネス利用の拡大とともに、RPAコンサルタントへのニーズが増加しており、システム開発やプロジェクトマネジメントの実務経験をお持ちの方は、適切な案件に応募し年収をアップできる可能性があります。

また、将来性を見越して先端分野でのスキルアップ、キャリアチェンジに取り組む方々も増加傾向にあります。エンジニアとしての開発経験などIT業務経験をお持ちであれば、RPAの案件にエントリーすることは可能です。

その他のフリーランス案件特集